Jun_A

スタートアップ支援と、社内スタートアップをしながら、実務未経験から独学でプログラミング勉強中。主にpython。スクレイピング、機械学習から始めて、最近はDjangoを学習し、WEBサービス作成中。独学されている初心者の方向けに、技術の記事を中心に書いていきます。

【Python/Django】Cloudinaryで画像をレスポンシブ表示させる【初心者】

DjangoでWEBサービス開発中、長期間に渡りハマったポイントがあったので、記載しておく。WEBサービスを開発している方々の一助になれば幸い。他記事に、Cloudinaryの導入についての記載はしてあり、その続き。

ハマったところ

前記事に記載の通り、
①画像をアップロードして、
②WEBページにサイズを指定して表示させる
まではできたのだが、レスポンシブが出来ていなかった。
最終的には、オ

もっとみる

【python】JANコードからASINコードに変換する関数【書籍用】

下記の記事の逆の処理を行うコードを記載する。

書籍のJANコード13桁から、ASINコード10桁を作成するコード。

ISBN:13桁(978XXXXXXXXXD)
ISBN:10桁(XXXXXXXXXD)
ASIN:10桁(XXXXXXXXXD')
XX〜は同じだが、DとD’は別の数字。

ASINのチェックデジットについては、こちらを参照。
①チェックデジットを除いた左側の桁から 10,9,

もっとみる

【Python/Django】Herokuにデプロイしたアプリに、画像と動画をアップロード、表示するために、Cloudinaryを使った【初心者】

Djangoで作成したアプリを公開する為にHerokuにアップした際に、画像、動画のアップロードができないことを知った。調べたところCloudinaryを使うと解決できるらしい。想定していた機能までは実装できたのと、日本語の記事も少なく、いくつか嵌ったところもあったので、残しておく。

【参考にさせていただいた記事】

① 【記録用】cloudinaryを使ってherokuでDjangoアプリの画

もっとみる
お読みいただきありがとうございます。プログラミングの独学を応援します。
3

【python】ASINからISBN13(JAN)を作成するpythonコード【書籍用】

Amazon のAPIを利用していると、ASINをISBN13に変換したいことが多く、調べたら意外と古い情報しかなかったので、まとめておく。
このくらいの処理だったら、APIをかまさずに手元で処理したかった。

ASINとはAmazonが設定している10桁の商品のコードで、書籍の場合は、ISBN10桁のコードの、末尾1桁のチェックデジット違い、で登録されている様子。
ISBNは書籍のバーコードなど

もっとみる

【python初心者】chromebookで作る、Googleトレンドワードを元に、関連書籍を投稿するtwitter bot

2年前くらいから、ゆるゆるProgateとかで学習を始めては挫折し、2018年に入ってから、またAidemyやら、PyQでPythonを勉強していて、なにか動かせるものを作りたいと思っていた。

Dai氏のwebAPIの記事をさまざま見ていて、WEBサービスとしてデザインなどしっかり作り込まなくても、APIを活用したtwitterアプリならすぐ動かせるものが作れるし、UIも既存のものをつかえるので

もっとみる