トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎

フィボナッチを使って一体どうやって株価の分析をしていくのか?その昔、中学校の数学で習ったフィボナッチ級数を利用する株価分析。実は株価に限らず、FXや先物でフィボナッチ級数を利用した相場分析は、欧米では機関投資家も取り入れているメジャーな相場分析手法です。(日本の相場関係の本ではフィボナッチに書いた書籍は殆どお見かけしませんが)

日本では知られていないものの、欧米ではメジャーな存在の、フィボナッチを利用した相場分析。

本解説書では、フィボナッチ分析でも、戻り相場に強いと言われ、最もメジャーな、フィボナッチ・リトレースメントに特化して、その分析方法と利用方法の基礎的部分をまとめてみました。
殆ど日本の個人投資家が馴染みのないフィボナッチ分析、その不思議な世界をご紹介しています。

本解説書は下記の方にオススメします。

・(以前の管理人のように)テクニカル分析に行き詰ってしまった方
・チャートを利用した相場分析+トレードの手法を真面目に探している方
・チャートにうまくラインを引くことができない方


また下記の方にはオススメできません。

・本解説書に聖杯が乗っていて、すぐにも常勝トレーダーになれると期待されている方
・フィボナッチはオカルトだから、相場で使えない、と信じ込んでいる方(その考え自体は否定しませんが、読んでも頭に入らないので多分無駄です)
・手間を掛けずに株やFXで利益を上げたいと思っている方(チャートにラインを引く方法なので、手間がかかります)

初回限定特価10名様に限り300円で販売。完売しましたので、後は1,000円・・・、とする予定でしたが、追加10部はワンコイン500円でご提供します。(2016/10/11追記:その後追加10部も完売しましたので、700円でご提供します)

尚、本解説書はブログの記事「フィボナッチでの株価分析の基礎」を大幅に加筆した内容となっています(約3,800→約10,000字)

※2016年4月27更新 若干字句の修正
※2016年5月6日更新 FXでの利用及び時間軸について加筆

この続きをみるには

この続き:9,380文字/画像8枚

トレードの解説書、フィボナッチ利用の基礎の基礎

FiboCat

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

FiboCat

コメント3件

私は日本株のみのトレードしかしないのですが、フィボナッチを日本株でも活用しようと佐々木徹さんの教材で学習して、何か他にも良い情報がないかと検索していて株価プレスを見つけました。あまりにピッタリの内容だったので、以来、楽しみにブログを拝読させて頂いておりましたので、今回の教材は、感謝感激です。あと、唐突で恐縮ですが、株羅針盤にフィボナッチの罫線追加を依頼されましたか?もし、そうでしたら、私も何度か改訂依頼をしていたので、今回の改善はとても嬉しかったので、2度感謝です。
ローキン様
お買い上げ有難うございます。改めて内容を見ると0.764ではなく0.786としている部分があったので、修正いたしました。ご確認願います。

「株価プレス」楽しみにして頂いているようで、有難うございます。非常に嬉しいです。
スミマセン、コメント途切れました。

佐々木徹氏の教材で、私もFXトレードを随分と学びました。フィボナッチは別方面で学びましたが、ハーモニックトレードは国内では佐々木氏の教材がピカイチと考えています。

株羅針盤の件、バージョンアップの際にフィボナッチのラインの追加は既に考えておられたようですが、こうしたらよいのでは?、とアドバイスというか我がままを言わせていただきました。エクステンションの追加と0.886の追加は私にとっても非常に有難い改定となりました。

フィボナッチ分析は、株でもFXでも使えるので、是非自分に合った型を見つけてください。今後ともよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。