見出し画像

#1 これまでにもっとも強烈だった音の記憶はなんですか?

周囲を見れば知らない人ばかりの少しざわついた中で教師に言われた通り知らない人の後ろで僕は黙って突っ立っていた。

高校受験で中学の時の友達とはほとんど離れてしまって残念な気持ちと新しい環境でワクワクしながら校長先生の長い話をやっと聴き終わった時にその音は聞こえた。

吹奏楽の演奏だ。
全身の鳥肌が一向に引く気がしない。

全体の合奏自体は特にすごいものでない。どちらかというと残念な印象だった。その中でトランペットの音だけが目立って聞こえてきた。

一目惚れとはよく聞くが僕はこの時『人聴惚れ?』を体験した。
高校ではスポーツをして楽しく高校生活を過ごそうと思っていた矢先に出会ってしまった。

そして、気づけば僕も吹奏楽部にいて、その音と一緒にいた。
その音にも人にも恋をして付き合ったのはいいが卒業と同時に離れてしまった。

今でも年に1度その音を聞くことがある。
聞くたび高校生の頃の甘酸っぱい青春を思い出す。


そんな初恋の音が僕の人生を変えた強烈な音だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

かおる

tap

文章の書き手が繋がる輪っか「tap」で、コミュニティメンバーがゆるゆる綴る共同マガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。