見出し画像

街電(街电)でANKERのモバイルバッテリを借りた話(1時間2元) 安くて便利!

深圳街电科技の提供するモバイルバッテリのレンタルサービス「街电」を上海で使ってみました(2018年11月)。すでに全国100都市以上で展開中。借りたのと違う他の「街电」で返却できるので、スマホの充電が終わるまで、その場で待つ必要がないのは便利です。

借り方:
(1)Alipay 支付宝アプリで「街电」左上の QR コードを読み取る
(2)支付宝で決済する
(3)「街电」からモバイルバッテリが出てくる

返し方:
(1)「街电」右上の返すボタンを押す
(2)モバイルバッテリの挿入口が開くので、差し込む(=充電開始)
(3)デポジットが返ってくる

料金は、10分以内は無料。1時間ごとに2元。30円ちょっと。安い!
それとは別に、返却時に戻ってくるデポジットが99元。
ただし、芝麻信用が 600 以上あれば、デポジット不要。
私はあと 7 ポイント足りなくて、デポジットが必要だった。信用大事だわ。

まさに電池がないとき↑だったので助かりました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

kawanet

Kawanet 海外テック note

海外の技術や新商品・新サービス、スタートアップ関係の話題など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。