【手法】セカンドブレイクを利用して利益を得る方法

はじめに

ここでは、スキャルピングの1つセカンドブレイク(SB)を利用したトレードについて説明していきます。
内容は、セカンドブレイクとは何か?に始まり、実際にセカンドブレイクトレードを使用できる環境認識からエントリー、エクジットまで解説していきます。また利益を出す為に必要なチャートの細かい分析方法も公開してきます。下手な投資本を読むより確実に利益に繋がる内容になっています。是非一読してみて下さい。


目次

①セカンドブレイクとは?
②なぜ、セカンドブレイクを狙いにいくのか?
③セカンドブレイクが使用できる環境認識について
④チャートを利用した具体的なエントリー方法
⑤利益確定ポイントと損切りラインについて


①セカンドブレイクとは

セカンドブレイクとはファーストブレイクの後に起こる2回目のフォロースルーのことです。
ちなみに①のファーストブレイクとは、レジスタンスラインや上限、下限をブレイクする1回目の値動きのことです。
②のプルバックとは、いわゆる押しや戻りの値動きを言います。

②なぜ、セカンドブレイクを狙いにいくのか?

初心者の方はおそらく①のファーストブレイクで仕掛けていくことが多いと思います。そこでファーストブレイクとセカンドブレイクのそれぞれのメリット、デメリットをここでは説明してきたいと思います。

ファーストブレイクのメリット

⑴認識しやすい(仕掛けやすい)
⑵うまく行けば短時間で大きな利益が見込める。

ファーストブレイクのデメリット


⑴ダマシになる可能性が高い。(勝率が低い)
⑵損切りを近くに設定できない場合が多い。

ここで述べたメリットである認識がしやすいことは、勝率に直結するわけではないので実質的なメリットとは言えません。従って基本的にはデメリットの方が多い仕掛けであると言えます。
しかし前提条件である相場環境がしっかりしている場合は、仕掛ける価値が充分見込める手法となってくる場合もあるので、ファーストブレイクで仕掛ける場合の前提条件はまた別の記事で説明していきたいと思います。

セカンドブレイクのメリット


⑴値動きに信頼性がある(勝率が高い)
⑵損切りの位置を比較的近い位置に設定できる。(損小利大が見込める)

セカンドブレイクのデメリット

⑴ファーストブレイクに比べ、認識しずらい。

ここで言うデメリットの認識のしずらさは、この記事の説明を読めばそう難しいことではないです。また皆が認識しずらいからこそ、そこには利益が見込める要素があると考えればこれはデメリットのうちに入りません。

以上の点をまとめると、基本的にはファーストブレイクよりもセカンドブレイクの方が利点が多い手法になってくると言えるでしょう。

この手法は実際に私も頻繁に利用している高勝率のエントリー手法になりますので、無料では提供致しかねますが、この手法を身に着ければ実際の利益として価値を得ることができることがわかると思います。

それでは以下からチャートを用いた説明に入っていきたいと思います。

※この記事は随時内容を更新していきます。
(一度購入した人は、更新後も購読可能です。)

③セカンドブレイクが使用できる環境認識について

よく「テクニカル分析が機能しない。」なんて言葉を耳にすると思いますが、これは正確にはテクニカル分析が機能しないのではなく、

テクニカル分析が機能する環境ではない。

というのが正確なところです。

なのでどんな手法を使う時でもそうですがこの環境認識が一番重要です。なぜなら同じセットアップの仕掛けであっても前提条件である環境が異なっていれば結果も変わってくるからです。
それはそうですよね。どんな時でも正確にテクニカルが機能したら、投資する人全員が利益を得ることができてしまいます。
しかし現実にはそんなことはあり得ないので、しっかりと今の相場の環境を認識出来ている人のみが利益を得る為の優位性を手にすることができるのです。

例を挙げて説明すると、上記の図が上昇トレンド中に起こるものであれば、セカンドブレイクが勢いを伴う可能性が高くなりますが、以下のような図の場合はセカンドブレイクの値動きが変わってくる可能性が高いです。

従って、この環境認識を行って、セカンドブレイクで仕掛けるのか、勢いを伴わなそうなので見送るのかを見極めらければなりません。(この考え方については、別記事のエントリーしてはいけない水準で詳しく書いてあります。)

それでは以下のようなチャートの環境認識を行っていきます。

この続きをみるには

この続き:3,867文字/画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
マガジン購入の方が価格が安価になっています。(一度購入された方は再度新しい記事が更新された時も無料で購読して頂けます。)

投資苑

4,980円

全7記事収録

または、記事単体で購入する

【手法】セカンドブレイクを利用して利益を得る方法

Watson

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Watson

投資苑

全7記事収録
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。