見出し画像

僕がやりたいのは、あの11人じゃない。

胸を張って言えるほど大それたものではありませんが、僕の人生は「サッカーとともにある」と言っても過言ではないと思っています。

小さな、本当に小さな頃から丸い何かを蹴り始め、物心がついた頃にはサッカークラブに入っていて、あれよあれよと、18歳までサッカーを続けました。それから僕は、一度サッカーという「何か」から劣等感とともに逃げ出したこともありましたが、そのおかげで、「僕がやりたいのはあの11人じゃなくて、ピッチでスーツを着てる人だ」と、見事に気付くことが出来ました。20歳くらいの頃でしょうか?それから6年、今も尚、サッカーを求めて地球の反対側に来てしまうくらいには、サッカーとともに生きています。

でも、僕がこれまで見てきたサッカーには、いつも、いつもいつも「勝ち」「負け」というものがセットで付いてきました。紛れもなく、僕は「勝ち負けのあるサッカー」に魅力を感じていたのです。それしか知らなかった、と言った方が正しいでしょうか。もちろん今でも僕は勝ちたいし、勝ち負けのあるサッカーに人生を振り回されることが大好きです。ただ今は、昔とは少し違います。

「勝ち負け以外のサッカーの魅力」を教えてもらったのです。そして、それが持つ大きな力のことも。

今日は、少しだけそのことについて話をさせてください。



■love.fútbal

世界には、外でサッカーをしている最中に車に轢かれてしまったり、危険な目に遭ってしまう子供達がたくさん居ます。日本人の私たちには少し想像が難しいかもしれませんが、世界には「子供達が安全にサッカーを楽しめる場所」が、今もなお不足しています。

それを目の当たりにした創設者のDrewが『love.fútbol』を立ち上げたのが、2006年のことでした。現在ではアメリカの他に、ブラジル支部、そして日本支部『love.fútbal Japan』があります。


■love.fútbol Japan

今では、僕も理事として活動を共にさせていただいていますが、紛れもなく、僕にサッカーの勝ち負け以外の魅力や、それが持つ大きな力を教えてくれたのが、この『love.fútbal Japan』でした。

love.fútbol Japanは、今まさにブラジルでプロジェクトを実施しています。プロジェクトを行っている場所は海沿いに位置し、片側はサメが出没する海、もう片側は猛スピードで車が走る道路、柵がない場所でサッカーをする子供達は、常に危険に晒されてしまいます。

love.fútbolでは、ただグラウンドを作るだけではなく、街の住民が協力して作ることで連帯感を生んだり、グラウンドが出来ることで親が安心して子供達を遊びに行かせることが出来たり、安全にサッカーをする場所があることで子供達を薬物から遠ざけることが出来たり、様々な問題解決を目的としてグラウンド作りが行われています。


■「50PJ」

そしてこの度、love.fútbol Japanでは『50PJ』というプロジェクトを開始致します。以下の画像が、簡単なプロジェクト説明になっています。

さらに詳しい情報を知りたい方は、以下のホームページをご覧ください。

50PJ:https://lovefutbol-japan-50pj.tumblr.com/


■その他の方法

love.fútbol Japanは、今後日本、そしてアジアにも活動の幅を広げていきます。私たちに賛同してくださり、そしてまたご協力をしてくださる方には、以下のような参加方法があります。


The MISANGA

こちらでは、月額寄付で応援していただくだけではなく、一緒に学び、一緒に悩み、一緒に行動して、日本・世界の子どもたちが安心して遊べるサッカーの場づくりを進めるサポーターを募集しています。詳しくは、下記URLをご覧ください。


くじ引き募金

こちらでは、グルージャ盛岡様のご提供により、くじ付き募金を実施しています。寄付いただいた方の中から抽選で2名様に、グルージャ盛岡限定グッズや、Jリーグ公式試合球をプレゼントしております。

こちらはTポイントを使って1ポイントから寄付できます。詳しくは下記URLをご覧ください。


■最後に

お読みいただき、ありがとうございました。

僕はこれまで、そしてこれからも、死ぬまでサッカーに魅了されていくと思います。たくさん幸せにしてもらうつもりなので、その代わり、感謝の気持ちをしっかりと表現し、サッカーを取り巻く問題や、様々な社会問題に対して取り組んでいきます。

皆様ももし、サッカーに魅了されているのであれば、ぜひその気持ちを次に繋げていただけれたら嬉しいです。僕は誰もが解決できない問題をサッカーなら解決できると、そう信じています。

「僕がやりたいのは、あの11人じゃない。」

僕があの時「サッカーは選手だけじゃないんだ」と気付いた時のように、様々な形のサッカーが人それぞれ存在していると思います。11人以外の、ピッチの外の、そして勝ち負けのないサッカーが好きな人は、ぜひlove.fútbolで一歩目を踏み出してみてください。



12月20日(木)、今行っているブラジルでのプロジェクトの「報告会」を実施致します。現在進行形で現地にいる代表の加藤遼也さんも帰国されます。ちなみに僕も当日参加いたしますので、少しでもlove.fútbolにご興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、ふるってご参加ください。こちらからご応募していただけます。

ぜひ、お待ちしております!


love.fútbol Japan 河内一馬

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きありがとうございます。サポートしていただいた際は、アルゼンチンでの活動費として大切に使わせて頂きます。

23

河内一馬

1992年生まれ(27歳)/ アルゼンチン在住 / サッカー指導者 (南米サッカー協会 B ライセンス)/ 監督養成学校在籍中 / サッカーカルチャーブランド「92 F.C.」Founder / NPO法人 love.fútbol Japan 理事

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。