見出し画像

ファシリテーターが居ればこんな時助かる!【司会進行と何が違う?】

写真は「イケダハヤト×箕輪厚介対談in掛川」に出演したものです。
対談やパネルディスカッションだけでなく、授業や研修、はたまたミーティング、ワークショップまで、ファシリテーターとしてお仕事いただいています。

でもファシリテーターって言われても、ちょっとピンと来ませんよね。
よく言われるのが、「司会進行と何が違うんだ?」です。
確かに、司会進行はファシリテーションの中の重要な一つです。
「今から何の時間で、それはどれくらい続くか」をわかりやすく伝えること。これは欠かせません。

でもそれだけじゃないんです。
司会と比べつつ、ファシリテーターに特有の2つの役割を解説します。
こういうときにはファシリテーターをお願いしよう!
と思ってもらえたらいいな、という目論見です笑。

①参加者にも主役になってもらう

司会進行に求められるのは、喋り手を立てて、参加者が聴きやすい状態を作ることです。
対してファシリテーターに求められるのは、喋り手だけでなく、参加者も主役にすることです。
つまり、「誰を目立たせたいかが違う」のが1つ目のポイントです。

「生徒が手を上げてくれる」
「参加者が議論に加わってくれる」
「ワークに主体的に参加してくれる」


などが求められる場なら、「喋り手が喋りやすく、参加者が聞きやすい司会進行」では足りません。

参加者が主役として、発言したり行動したりしやすいようにする。それがファシリテーター特有の仕事です。
参加してもらうには、ルールの共有が必要です。参加者に適切な難易度で、
(合意形成)
声・動き・表情、または音響・照明・空調など、様々な配慮をしながら、参加者が加わりやすい場にしています。

②元の予定をその場で変更する

もし依頼者から「伝えるべき内容」を指示されていたら、司会進行はそのままをその場所で、伝わりやすい声と言葉にするのが仕事です。(これももちろん奥が深いです!)

それに対してファシリテーターは、依頼者の「どんな場にしたいか」を尊重しながら、伝え方は当然、内容自体すら必要に応じて組み替えます。

つまり、「どこまでをその場で変えるか」のが2つ目のポイントです。
参加者が違えば、場所が違えば、現場は全く違うものになります。予定通りそのままで、うまくいくことなんてまずありません。

時間が押してる?
早く進みすぎて、引き延ばす必要がある?
もっと内容を簡単にした方がいい?
物足りなさそうで、難易度を上げたほうがいい?
休憩を早めに入れたほうがいい?


そのためには、授業や研修、ミーティング、ワークショップを「自分で作れる」必要があります。
作れるからこそ変えられる。内容設計(つくる)と実施(ファシリテーション)は切り離せません。


具体的なファシリテーションの現場

①参加者にも主役になってもらう
②元の予定をその場で変更する

この2点に分けて、「司会者とは違う、ファシリテーターの仕事」を書いてきました。
ここからは実際の現場を紹介しながら、よりイメージを持ってもらいましょう。

(ついでにファシリテーターの中で、特に杉山大樹がおすすめな部分をアピールさせてください!)

・ワークショップ
一般社団法人Foraで従事している「進路のワークショップ授業」を例にすると

・日本語にしかない表現を英語で伝える伝言ゲームで、外国語の楽しさと可能性を感じてもらう(国際系)
・高くてかっこいいパスタタワーを作る競争をすることで、工学の目指すことを感じてもらう(工学系)

これらは授業内容(ワークショップデザイン)も僕が担当したものです。
高校生が主体性を持って動き、感じることで、進路選びのヒントを提供します。
楽しさをフックにするからこそ、より深い学びを残せると思うのです。

・パネルディスカッション、対談

出演者それぞれの言いたいことを整理して、論点を分かりやすくします。
同時に、観客が持っている期待を察知して、流れを変えながら実現していくのもファシリテーターの役割です。
特に、出演者同士の相互作用で、「普段出てこない、ここでしか聴けない話」を掘り出すことを心がけています。

「イケダハヤト×箕輪厚介対談in掛川」

東大オンラインメディアUmeeTの対談イベント 「UmeeT Live!」@駒場祭

まとめ

ファシリテーターは
①参加者にも主役になってもらう
②元の予定をその場で変更する
ことにより、場をスムーズに、活発にしていきます。

ファシリテーターは主役ではなく、みんなを主役にする名脇役です。

----------------------------

ここまで読んでいただいたあなたに!
こちらに、「実際何してるのか」「いくらで何してくれるのか」まとめてあります!
僕のつくる講座の場に来ていただくか、仕事をいただいて一緒につくることができたら嬉しいです。

合わせて、時系列でお仕事をまとめて随時更新中なのがこちらです。
今何してるの?が分かります!


長くなりましたが以上です! 今後ともよろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはレベルアップのために使います!

最近国内旅行が好きです。出雲すごかった。
32

杉山大樹@ファシリテーター

1993年生まれ。東京大学経済学部卒ファシリテーター。RCF社会事業コーディネーター|ライフイズテックやN高校の教育の場づくり|「イケダハヤト×箕輪厚介 対談in掛川」などパネルディスカッションの場づくり

コメント3件

①必要に応じて、元の予定を変更する
②参加者に快く参加してもらう
この2点とても分かりやすく、腑に落ちました。

これが上手い司会者の人とかって誰なんでしょうか。管轄外の質問で申し訳ないです。

パッと思い浮かぶのは島田紳助さんとか…?かなと思いました。
コメントありがとうございます!
島田紳助さん僕大好きです。一つの極地だと思います。
でも特に②参加者に快く参加してもらう については、テレビでは意味合いが変わって来ますね。出てる人が基本プロなので、誹謗中傷のように思える言葉でも、それが「おいしければ」ウェルカムです。おいしいから許せちゃうという範囲で、相手をいじることにおいて、物凄い上手い人だと思います。

僕のいるファシリテーションの現場では、プロ参加者なんていませんから、「傷つけずに、楽しく」ができる人がより必要です。学校の先生にもこれができる人がそう多くないんじゃないかと思っています。
なるほど、とても納得いきました。
ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。