学校なしで学べるカリキュラムサイトがあったら面白い。


note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。
以前からあったらいいと思っているのは、学習のカリキュラムを体系的に表示するサイトで、それはビジネスとしても十分に成り立つと思う。

以前、中卒で世界的な建築家になり、結局東大教授にもなられたある意味では「学校」という制度を超越している偉大な安藤忠雄さんにお話をうかがったときに、ものすごく独学をしたんだけれども、京大の建築家の友人に教えてもらって京大生が読んでいる建築関係の本を徹底的に読んだとおっしゃっていた。

ここには重大なポイントがある。

つまり、学校は必ずしも要らないが、何を学ぶべきかというロードマップは要る。

京大は必ずしも要らないが、京大の建築学科のカリキュラムの情報は有益である。

そうでないと、自分で学んでいても、独善的になってしまう。

だから、たとえば量子力学を学ぶためにはどのようなプロセスでどのようなスキルが必要で、そのために必要なテクストはどのようなものかといったことを情報提示するサイトがあったらいいと思う。

ウィキ形式で、誰でも編集できて、お互いにコメント、修正できて、徐々に充実していくみたいな感じにすればいいと思う。

リソースはテクストだけでなく、論文のpdfとか、動画とか、音声とか、いろいろあるし、そこに課題とか問題とか解答とかもはっつけていけばいいかと思う。

課題なのは、そもそもカリキュラムと言っても「教科」とか、「専門分野」の区切りはどうなるのか、ということで、そうなると人間の知の体系性はどうとらえるべきかという壮大な話になってくる。

また、アクティヴラーニングや探求学習といった現代的な学習観との関係性をどうとらえるかも面白いチャレンジである。

教科書があってそれを習得してテストで確認するといったアプローチではなくて、プロジェクトを立ててそれに取り組む中で学習するという方法論では、そもそも「カリキュラム」といった概念が異なる可能性もあり、そのあたりも面白い。

そういうことをもろもろ含めて、動的、現代的なカリキュラムを提示するサイトがあったら面白いとずっと思っている。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

421

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
6つ のマガジンに含まれています

コメント9件

通信制大学で建築を学びましたが、当時はインターネットが普及していなかったこともあり、一人で学ぶ(というより"経験を積む")ことの難しさを乗り越えられませんでした。。課題のための本を手に入れることすら、とても遠回りでお金のかかる方法しか知らなかったことを思い出しました。。(遠い目)
そしていまだに五里霧中ですー

単純労働しか得られない貧しい中年にも、ロードマップがあれば変われる望みはあるのかな。。ありますように。。。
私は十数年アプリ屋なのですが、プログラミングスクールの学習が、試験で合格点を取得したら卒業するという形式なので、卒業生を採用しても現場で何も役に立たないです。モノ作りはサービスを実現するために試行錯誤しながら技術を学び時には技術を生み出すものなので、試験で得点を取得する学習方法は意味がないんです。未来に向かって新しい何かを生み出す思考が圧倒的に必要になるので、そこをスクールには育ててもらいたい。難しいから現状それが出来てないのでしょうけど。
何か知りたい欲求を持っていて能動的に学習をしたい人に非常に有益ですね。非専門分野への挑戦、独学を支援できますから、いろんなシナジーを生み出してくれそうです。
ご提案のシステムに併せて、大学の授業料を講義ごとに払うようにするのはどうでしょうか。人気で人が教室に収まりきらない場合はウェブ配信すれば良いだけですし。自然と学ぶ姿勢が能動的になりそうです。
以前コメントさせていただきました橋本です。
生化学(看護)についての現状のカリキュラム(ロードマップ)と、
勉強方法についての一言をnoteに作成してみました。
https://note.mu/5948chiri/n/n2bbc564bcfb6
実際に行っている内容は外部HPになりますが、
たくさんの方に見に来ていただけると嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。