時には思い切り前衛になりたまえ。




note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。

 芸術においては、時に、思い切り前衛になっていいのである。

 なぜかと言えば、いくらこれまでにない新しいものをつくりだそうとしても、どうしても慣性の法則があって、言葉、考え方、みのこなしが過去と連続してしまうから。

 だから、絶対に今までにないものをつくろうとしても、必ず人間は保守的になる。

 安心して良い。時には思い切り前衛になりたまえ。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

122

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

茂木健一郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。