見出し画像

【近況】会社をやめてから2か月が経って

やりたくないことを職にして不満を持ちながら生きるより、やりたいことでどこまで戦えるか挑戦してみたいから仕事辞めました!という旨を書いた上記の記事を投稿してから、約2か月が経過しました。2か月の間にいろいろなことがあったので近況報告をさせていただきます。

note内にて、たくさんの反応を頂きました

会社を辞めたことについての記事に対して、非常にたくさんのスキやサポート、フォローを頂きました。

最終的にはnote公式さんの「2019年7月にオススメされた記事10選」に取り上げて頂くことになり、自分でもびっくりしています。ありがとうございます。

2名が個人スポンサーになってくれました

会社をやめたことについての記事の中で、今後の活動のために個人スポンサーを募集しました。その結果、2名の方がTwitterのダイレクトメッセージを通して支援したい旨の連絡をくださいました。

個人スポンサーになっていただいた方

お二方とも応援・支援したい気持ち一つで連絡をくださったようで、最初は支援に対する対価については考えてはいないようでした。ですが、支援する側にもメリットを生みたいと思い、自分から提供できるメリットを考えて相談しました。

その結果、小山コータローさんとは、彼の漫画家としての活動の宣伝という対価を提供することを約束しました。

KCeeeさんとは、ゲーム界隈を盛り上げるために個人スポンサーという支援の形をもっと広めていくという活動の支援という対価を提供することを約束しました。KCeeeさんの思いは本人が綴って下さったので、こちらの記事をご覧いただければと思います。

海外の大会に参加してきました

会社を辞めて時間的制約から解き放たれたので、さっそく自分が挑戦している分野である対戦ゲーム(スマブラSP)の大会に参加するためアメリカに行ってきました。

3日開催の大会(Evo)が8/2~8/4に、4日開催の大会(Super Smash Con)が8/8~11にあったので、7/31~8/12の約2週間アメリカに滞在し、2つの大会に参加してきました。この滞在期間も会社員を辞めるならではの経験だなぁと滞在中に何度もありがたみを噛み締めました。

順位はEvoが3534人中25位、Super Smash Conが2708人中13位と今までの自分の成績からすると大健闘の結果を出すことができました。

競技シーンに詳しくない方にもわかりやすい説明をすると、世界ランク21位、28位、31位、46位の海外選手に勝利することができ、海外からの注目度もかなり上がりました。

以下、海外大会の写真です。(撮影はだりもこさんです。)

「海外大会で活躍をする」という今までの目標は半分達成できた気持ちになっているので、当面は「海外大会でTOP8入りを果たす」「世界ランクTOP20入りを果たす」を目標に引き続き活動していこうと思います。

次は10月頭にアメリカで開催されるTHE BIG HOUSEという大会に参加予定です。

今の生活

仕事を辞めた当初の予定通り、ある程度の余裕を持った生活が出来ています。会社員をしていた頃の日々のストレスからも完全に開放され心中はかなり穏やかです。

しかし最近、8月の海外大会後の時差ボケ期間から、生活リズムが崩れ始めていました。仕事を辞めて完全に自営業になったため、自制しないとどんどんだらけていってしまいます。

そこで、9月より朝の配信活動(毎日8時から)を始めました。今までは朝起き次第、動画編集などの作業をして、夕方ごろから配信をしたり、対戦会へ参加したりという生活をしていましたが、やはり「朝起き次第」というところで自制がきかなくなってきていたため、人に見られるタスクを朝一に入れることにしました。それ以降、生活リズムが整い作業時間も効率よく確保できています。

また、個人のチャンネルでの配信とは別にSmashlogTVというチャンネルで、「ケプトの定時退社」という週に一度の生放送番組も始めさせていただきました。

時間を自分のやりたいことに費やせるという、今の生活のメリットを最大限に活かして、今後も活動の幅をどんどん増やしていきたいと考えています。

最後に

最初に投稿した記事にスキをつけてくれた方や、あの記事をきっかけに自分のことをフォローしてくれた方の数が多かったので、仕事を辞めたあとのことを報告するのが筋だなと思い、今回はこのような近況報告の記事を投稿させていただきました。

前回の記事にも書いた以下の内容は、引き続き募集しております。興味のある方がいましたらぜひご連絡いただけますと幸いです。

このような活動をしていくうえで、今以上に他者からのサポートが必要になりますので、スポンサードして頂ける方を募集しております。それは企業であったり、チームであったり、個人であったり、形や規模は問いません。
当然、スポンサー募集!とだけ宣言して受け身で待っているつもりはありません。
企業やチームに対しては、お互いがWin-Winの関係になれるようなPRをして自ら積極的にアプローチをかけていきたいと考えています。(進行中)
個人に関しては、大変ありがたいことに既にYouTubeの投げ銭やメンバー制度などを利用してスポンサードしていただいている方が多くいらっしゃいます。
その他の方法でのスポンサードに興味のある方がいましたら、ぜひご連絡いただけますと幸いです。


では、また数か月後にも近況報告のために記事を書くと思います。

今後も頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いいたします!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

125

kept

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。