見出し画像

疒日記11 音楽が終わったら

何かが終わるときThe Doorsの「The End」が詩情たっぷりにつかわれたりするのがいやで、だったらまだ同じThe Doorsの「音楽がおわったらで」充分じゃんかと思ってたのだが、最近はその曲でも全然詩情も何も感じない。カラカラと響くただのアメリカン・ロックだ。ホテル・カリフォルニアもいい線いってなくはないけけまど、いまいいちだめだ。すっかり心身ともに乾ききっている。わさかここまで乾くとは思っていなかった。さては生命とは潤いだったのかもしれない。ある種の例外を覗いて、生命は潤いに満たされている。乾燥は生命の敵だ。

いま、とにかく乾ききっている。これが極限までいったとき死ぬかな、というイメージがある。医者である弟に聞いてみても、まあ、だいたい間違ってないと言うからそうなんだろう。鍼灸師である妹にはまだきいてないから聞いときたい。東洋医学的な見解がきっとありそうだ。ところで妹といえば、さいきんは妹は僕と有ったときによく泣く。もともとエモーショナルな性格だけど、輪をかけてエモい。それで、僕もつられて泣いてしまうのだった。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

kigch

www.akumanoshirushi.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。