見出し画像

シャドーボクシング5つのポイント!!

この記事がなかなか反響があったので詳しく解説していきます。
ボクサーの基本のトレーニングは以下の4つに分類されます。

・シャドーボクシング
・サンドバック打ち
・ミット打ち
・スパーリング(実践練習)

他にもアップの縄跳びやパンチングボールといって補助的なトレーニングもありますが、大きく分けると上記の基本練習で構成されています。

最近は世界チャンピオンと対談する機会もあるのですが物凄く驚いたのは、
サンドバック打ちをやらない(木村翔選手)ミット打ちをやらない(伊藤雅雪選手)選手もいて皆それぞれだなと感じました。

しかし、基本のシャドーボクシングや実践練習のスパーリングをやらない選手はほとんどいないと思います。

そのため試合に勝つために必要なトレーニングのひとつにシャドーボクシングがあります。

シャドーボクシングとは型を磨いたり相手を想定したりと色々な要素のトレーニングを組み合わせて練習できます。
シャドーボクシングのトレーニングは以下のような練習ができます。

この続きをみるには

この続き:1,754文字
記事を購入する

シャドーボクシング5つのポイント!!

木村悠 (ボクシング世界チャンピオン)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! ボクシングを盛り上げるための活動費として使わせて頂きます!質問も待ってます😁

嬉しいです😄
16

木村悠 (ボクシング世界チャンピオン)

木村悠【プロボクシング第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオン】強くなるための情報を発信中! ボクシング好きの方歓迎🥊木村悠いろいろ https://linktr.ee/kimura.yu

オススメ記事

オススメの記事をピックアップ
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。