「色なき者」は、周りの色を意識せよ。

画像1 日本人は「色」という言葉を「色々」と意味を含めて使う。「色者扱い」「色男」あとは、色鮮やかな者が豪華や高価みたいな感覚も含まれる。しかし、この色というのは強ければ強いほど照らされる対象物も染めてしまう。いい色に染まる分にはいいが、それがもし間違った色だったら・・・。そんなことを考えながら、夕焼けに染められた街を眺めている自分がいる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

kirokusyaproject

地域を「写真」や「映像」の持つ力で、元気にしたい!という、大義名分のもと(裏)日本の地方都市で、ひっそりと写真を中心とした作品作りを行っております。HP↓https://kirokusyaproject.wixsite.com/photo-kirokusya

コメント1件

夕暮と水面と影。
世の中にはこんな色もあるんですね。
胸を打ちます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。