【エスホリマガジン】#わたしがエスホリに入ったワケ~金曜日担当ゆうゆう編~


Estonia Holic(通称エスホリ)メンバーが、毎週テーマを変えてマガジンを更新!エストニアやエスホリについて配信します。今週のテーマは『 #わたしがエスホリに入ったワケ 』です!


『Estonia Holic!』通称、エスホリ。

私がエスホリに入った理由は、「エストニアについて何も知らない自分に気づいたから」、です。

札幌で旅する書評家として活動しています。
実質は、国内旅と読書が趣味の、ただのライターです

#朝渋 という朝活コミュニティを通じてエスホリを知った私。
正直、エストニアに関する知識はゼロでした。

あのSkypeをつくった会社があるって聞いて、

「え?エストニアって、そんなに進んでる国なの?」

と失礼ながらに思ったのが、興味をもつことになったきっかけ。

#朝渋 には、毎朝おはよう報告をするメッセンジャーグループがあって、そこでエスホリオーナーのAlexさんザックさんに出会いました。

「いつも話してるエスホリって何だろう?」
「エストニアってそんなに面白い国なのかな?」

失礼を承知でお二人に思ったことをそのまま質問したり、自分でも少しだけ調べてみたり、Alexさんに教えてもらったエストニアの本『未来型国家エストニアの挑戦』を必死で読んでみたり。

そうすると、不思議と、知れば知るだけ興味が出てくるんですよね。

「これ、行っちゃった方が早くない?」

そうは思いつつも、パスポートさえ所有していない私がいきなり現地に飛ぶのは夢物語。

なので、エストニアへの仮想移住体験ができるという触れ込みのエスホリにまずは入ってみて、エストニアを感じてみようと思ったのでした。

私のたくさんある夢のうちのひとつに、『来年のうちにエストニアへ行く』が加わりました。

夢って、口に出したり言葉にしたり、言語化して人に見てもらうとどんどん叶っていきます。

来年の今頃は、エストニア旅行体験記をnoteに書いていることでしょう。

その日までせっせと、エスホリで仮想移住体験を楽しみます!


明日土曜日は、同じ #朝渋 メンバーでもあるMiki Katayamaさんの担当です。

なんと屋久島のダイビングツアー中に更新とのこと!
エスホリにはアグレッシブに国内外を飛び回るメンバーたちが集まっています。明日の更新もどうぞお楽しみに!

-------

Estonia Holic はメンバー募集しています!
エストニアに興味があるかたは一緒に仮想移住体験しましょう!


#エストニア #私がエスホリに入ったワケ #エスホリ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いいね!やコメント、シェアしていただけると、北の大地で私が喜びます。サポートなんて頂いた日には嬉しすぎて会いに行くかも!

ありがとうございます!好きな色は水色です。
10

エスホリマガジン

Estonia Holic(通称エスホリ)メンバーが、毎週テーマを変えてマガジンを更新!エストニアやエスホリについて配信します!! https://camp-fire.jp/projects/view/88809

コメント1件

写真の使用ありがとうございます!
エストニア、特にタリンは歴史情緒残る美しい街で、これが、IT最先端の国??という印象でした。日本からの直行便があるフィンランドのヘルシンキから船も出ているので、意外と行きやすい所だと思います!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。