瀬戸内ドライブ 5

 いつの間にか車内のスピッツは止まっている。はっと目を開き車の外を眺めると、田んぼを抜けてもう山の中を走っていた。
 ときどきトンネルがあって、それを何度か抜けると小さな集落があった。地方のどこにでもある、ガソリンスタンドと、小さな電器屋、郵便局とスーパーだけがあるような町だ。

「なあ、運転はせんの?」
「え? しないけど」
「ここらの道、知らんみたいじゃけぇ」

 小さいころは親に乗せられてよくドライブもしたけど、段々家族のお出かけもなくなり、免許を取ってからは自分で乘ることもなかったので道なんて忘れてしまった。
 家族でドライブしていたころ、知らない町をみては、どんな暮らしがあるんだろうと想像していた。こういうことを考えるのは久しぶりな気がする。
 今走っている、この何もないように見える町にも、私みたいな気持ちを抱えている人がいるんだろうか。
 そして、こういうことを考えるのを、私はいつから辞めてしまったんだろう。


 彼は元々東京近辺の都会育ちだけど、彼女は東北の方の田舎から出て来た子らしい。東北の町はどんなところだろう。彼女も、地元がつまらないから東京に出たいと思ったのかな、とはじめて相手のことを想像してみる。

 私たちが知り合ってからも、ちょくちょく彼は東京に戻り彼女と会っていたようだ。彼がこちらへ来てしばらく経ったある日、また居酒屋で神妙な顔で打ち明けられた。
「彼女、東北に帰りたがってた。やっぱ一人で東京はさみしいんだって」

 そりゃそうだろうなと思った。彼女は彼がいるから、なんとか東京で踏ん張って来たんだろう。彼がいない東京なんて意味がない。その気持ちは分かる。私も、彼みたいな存在がなくて、こうして地元に帰って来たんだから。彼みたいな人がいたら、私だって東京に残れたはずだ。

「あ、道の駅。寄ろっか」
 悟は私の答えを待たずにウインカーを出すと、駐車場に入った。目を上げると、平屋の建物の前には特産品のぼりが建っていて、外に置かれたテントの中でも花や野菜が売られている。
 車から降りると、建物の横の、奥まったところに湖があるのが見えた。日差しが熱い。
自販機の前にはテントの下にベンチが並んでいたが、どれも家族連れやおじいさんおばあさんで埋まっている。私はレモンティを買って湖を眺めに行った。悟もコーラを片手についてくる。
「どうして海に行こうと思ったん」
 どうして今日なのだろうと思った。いつも悟が誘ってくるのは飲みに行くときくらいなのに。ハワイの海を見せられたその日に、海に誘われるなんて。

「いやぁ。なんとなく」
「なにそれ」
「じゃなくて。なんか海を見ておきたいなって」
「見ておきたい? あんた近々死ぬの?」
「あー、実は転勤になるかもしれん」

 悟の言葉に、持っていたレモンティが揺れた。
「どこに?」
「東京。グループ会社が出来て、何人か行くんじゃないかって噂」
「地元密着の会社じゃなかったっけ」
「そのはずなんだけど」
 無意識だろう、悟はコーラをちゃぷちゃぷと緩く振った。
 悟もここからいなくなるのか。私を置いて。
湖から、シラサギが飛び立つ。あとには波紋が広がって、それもやがて消えた。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしも「いいな」と思われたら、ぜひサポートお願いします♩ZINE作成の資金にさせていただきます。

ありがとうございます!いい一日になりますように
15

koala

女子小説のお部屋

女子による女子のための小説 会社帰りに、休日前夜に、シュワシュワを飲むように
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。