共立女子学園にてFD/SD研修「学習意欲を高める授業の工夫」を開催しました。

教員・職員40人ほどの参加を得て、
3時間ほどのワークショップ形式で進めました。
いつものように「教える態度尺度」を使っての自己診断で
アイスブレイクです。
みなさん教えることの価値を最大限認めながらも、
うまく教える自信はそれほどでもありません。
ここからスタートです。

効果的に教えるためのデザイン原則として、
 ・チャレンジ/スキルバランス
 ・問題第一主義
 ・ARCS動機づけモデル
などを説明しました。

教えることはそれを伝授することではないとして、
教えたことを実際に使ったもらうためにはどうすればいいのか
ということを考えてもらいました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

帰りには、できたばかりの図書館とラーニングコモンズの合体
「リブコモ」を見せてもらいました。
https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/lib/guide/floor.html


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

いつも読んでいただき、ありがとうございます!
3

向後千春

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。