Kohei Akai

Writer&Photographer 広告制作をしながら、まちづくりにも携わっています。 埼玉県飯能市にてシェアアトリエ、シェアスペースを運営中。

今さらながら、『数学』がおもしろい。

「マイナスとマイナスを掛け算するとどうしてプラスになるのか、その説明がとてもわかりやすく書いてあります」

ミカエル・ロネー著「ぼくと数学の旅に出よう」。
この本を手に取ったのは、そんな書評を読んだのがきっかけでした。

正直なところ、「マイナスとマイナスを掛けるとプラスになる理由」を理解するには、多少脳に汗をかかせないと理解できなかったのですが、今まで疑問にすら思ったことのなかったことを考えるき

もっとみる

おうちをつくろう ~その1 賃貸?新築?中古リノベーション?~

私は今、人生の岐路に立っています。

家を買うべきなのか否か。

今までは
「今後、環境の変化もあるだろうし賃貸の方が自由がきいていいのでは?」という考えからおうちの購入は考えていませんでした。

心変わりした理由は2つ。

子供のおもちゃが増えてさすがに狭い。

現在は40㎡ちょっとの1LDK。駅から近く、築浅だったので不満はなかったのですが、子供が生まれ、大きくなってくるにつれ生活空間がなくな

もっとみる

自然と人と戦争。

東京品川にある原美術館で行われている「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」へ行きました。

北朝鮮と韓国の間にある北緯38度線にある非武装地帯に関するアートプロジェクトです。

恥ずかしながら、朝鮮半島の歴史について全くと言っていいほど知識がなかったのですが、1950年に朝鮮戦争が勃発。1953年に休戦協定が結ばれて非武装地帯が作られまし

もっとみる

デザイナーとアーティストの違い

似てますね。
アヒルとガチョウを比べるのと同じくらい似てます。
私は、クラフト作家さんたちにアトリエを貸しているのですが、
いつも「うちのデザイナーたちは」と言うべきか、
「うちのアーティスたちは」と言うべきか悩みます。

そんなある日、一冊の本に答えになりそうなことが書いてあったのです。
石川俊祐 著「HELLO,DESIGN」。
そこにはこうありました。

アートは「自分の衝動から」、デザイン

もっとみる

多才で多弁なコルビュジエ

サヴォワ邸やロンシャンの礼拝堂など、今も新しさを感じさせる建築で有名なル・コルビュジエだが、国立西洋美術館で行われていた「ル・コルビュジエ 〜絵画から建築へ・ピュリズムの時代」では、画家、編集者、インフルエンサーとしての一面を見ることができた。

対象物から「奥行き」を取り除いたように描くピュリズムを広めるために、「エスプリ・ヌーヴォー」という雑誌を自ら発行。
丸メガネにパイプなどトレードマークを

もっとみる