投手の役割とは?

“0点に抑える”

これが投手の役割であり、仕事である。と僕は考える。
野球はスポーツだから、当然だけど、試合に勝つことが求められる。
勝負に勝つには、相手に点を与えないことが、勝利への近道だ。

投手っていうのは、様々な個性があっておもしろい。
球が速い、遅い、キレがある、変化球がすごい、オーバー、スリークォーター、サイド、アンダーと投げ方も千差万別おもしろい。

いろんな形はあるけれど、みんなの目的は一つ。
それはいかにして“0点で抑えるか”ということである。これが目的。
この目的を達成させるために、ピッチャーはいろんな工夫をし、練習に励むのである。

しかし、この大前提を忘れているんじゃなの?と思うピッチャーを見かけることがある。

そう、その一人が昔の僕だ。

昔の僕といえば、いい球を投げるにはどうすればいいのか?に夢中になり、自分の満足のいく球だけを追求していた。

“0点で抑える”→“だからいいい球を投げる必要がある”
という順番ならまだいい。しかし、僕は、
“いい球を投げる”→“自分が満足できる”

という順番になっっていた。これは悲劇の始まりだった。こんなことが起こる。
「いい球が投げれて、超気持ちい!最高っ!でも、点を取られて負けちゃった。」

あれ?なんかおかしいぞ。これでは本末転倒。

こうなると試合に勝てなくなり、監督やチームメイトからの信頼を失い、最終的に試合で投げることができなくなる。そう、野球が楽しくなくなるのだ。

そう、すごく当たり前のことなんだが、野球は勝たなきゃダメなんだ。
チームが求めてる目的は勝利。監督やチームメイトが投手に求めることは、“0点で抑えること”なのだ。個人の美学はチームにとってはどうでもいい。

だから僕は思うんだ。
どんな投げ方でも、どんな球種でも、球が速くても、遅くても。
0点で抑えることができる投手こそ、“最高の投手”であると。

この大前提を念頭に置き、常識にとらわれず、どうやって抑えていくかを自由に考えて欲しい。

それが投手のおもしろさへの「入り口」なんだな。

#野球 #投手育成 #0点で抑える

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

こた郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。