これからのPRについての考察。

TOP BUZZ Videoの参加型クイズ番組のすごさについての記事を書いた。

とにかく参加してみると、今まで他人ごとだったクイズ番組が自分ごとになった。12問連続正解で賞金があたるんだけど、30万だか40万(その日によって違う)を正解者全員で分け合うので、実際問題そんなに夢のようなお金が飛び込んでくるわけじゃない。

昨日の番組でも50万を87人の正解者で分け合ってるので、1人あたり5747円。そんな大した金額にはならない。

だけど実際に参加してみると、異常なまでにのめり込める。たとえが難しいけど、好きなアーティストの音楽を、CDで聞くのと、ライブで体験するのとくらい旧来のクイズ番組とは違う。

まあ、その没入感に関しては体験してみてよとしか言いようがないので、ここに詳しく書かないけど、今日書きたかったのは、PRのやり方がどんどん代わっていってることについてです。

今回のTOP BUZZ Videoのクイズ番組の告知に関しては、ネット上のあらゆるところで行われている。YOUTUBEのトップにもバナー広告が入っていたし、キュレーションメディアにも結構アドネットワーク広告が上がっていた。

そこは押さえながらも、運営会社のBytedanceがやってるもう一方のPRが、広告会社ではなくお客さんにお金を還元して、そしてSNSでPRしてもらうやり方だ。

今回のBEAT THE Qというクイズ番組は、12問連続で正解できなくても、賞金がもらえるやり方があって、それは不正解を出したときにそれを帳消しにできる方法がある。それはSNSで友人にクイズ番組の招待状をおくること。それで復活カードがゲットできる。

実際、このやり方で参加者は勝手に自分の友達を招待するだろうし、その友達も誰かを招待する。どんどん番組のPRが進んでいく。

そういえば、ちょっと前にも同じような座組のPRが始まってるって記事書いたな。

このときはフォロワー数によって割引金額が決まるサービスだったり、フォロワー数によってお金をもらえる美容室とかだった。

この記事のヘッダーにある通り、どんどん旧来型の『企業→PR会社・広告代理店→メディア→お客さん』から『企業→お客さん→拡散→お客さん』になっていってる。

AIによって職を失うっていわれてるタクシー運転手じゃないけど、PR会社・広告代理店を必要としないPRもどんどん増えてくるのは間違いない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ハート!やった!うれし!ありがとございます!
3

丸本貴司

これからのPRのやり方について

SNSの誕生以降、確実にマスメディアから消費者に情報を届けるやり方が廃れてきてる。これからのPRについての考察をまとめる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。