明方というのは。

なんとも切ない気持ちである。

自分がそうしていることなのに、その自分勝手さに呆れてしまう。情けないな、って。


私は何を求めているんだろうと、今更ながらに考えたりもしてしまう。考えて分かるような問題ではないのにさ。


それからそれから。明方のトウキョーというのも非常に悲壮感立ち込める場所。早朝の気持ちのいい空気なんてものは感じられず、皆、情けない顔をしている。私も含めて。

こうやって、書き残したい気分になるナルシストさみたいなのも混在していて、尚更滑稽だ。



埋められない何かは、果たして、埋まるのだろうか。これから先、もっと、近づくことは、出来るのだろうか。自分勝手でない、人に寄り添える自分に、なれる日はくるのだろうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

KOMIYA MIYAKO

コミヤミヤコです.写真作家になりたい社会福祉士です.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。