Salesforce、ラクス、freeeなど国内主要SaaS企業30社のCTA傾向分析

SaaSマーケティングにおいて、「リードをどう増やすか」は経営上の超重要トピックです。

その中で、WebサイトやランディングページのCTA設計はリード獲得数に大きく影響します。実際に、当社のお客様でもCTAの再設計によって、CV数が2倍、3倍になる事例もあります。
※CTA:Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導するボタンやリンクのこと

IPOも期待されているBtoB SaaS企業・Yappliでは、CTAに資料請求ボタンを付けたことで、無料トライアルの2倍のリードが獲得できたそうです。

また2.4万サイトのデータを持つAIアナリストの取締役・垣内さんは、LPの改善で一番効果があるのは、CTAの設計で、それ以外は10-20%の改善しか効果がないと言っています。

そこで、今回のSaaSナビでは日本の有名SaaS企業30社が、どのようなCTAを設置しているのかを調べてみました。

※30社のCTA設定状況は以下のGoogleスプレッドシートから閲覧できます。

この続きをみるには

この続き:1,619文字/画像2枚

Salesforce、ラクス、freeeなど国内主要SaaS企業30社のCTA傾向分析

栗原康太

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
12

栗原康太

ふむふむ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。