J2 前半終了 昇格に必要なのは・・・・・・、昇格候補は●●

サッカーJリーグのJ2の前半戦を終了しました。
前半終了時点での順位表は次のとおりです。

順位 チーム      勝点  勝利 引分 敗戦  昨年順位
1  モンテディオ山形    40    11   7   3    12 ★
2  京都サンガF.C.    37    10   7   4    19 ★

3  柏レイソル      37     10   7   4    17(J1)
4  水戸ホーリーホック  36      9    9   3    10 ★
5  大宮アルディージャ  36    9   9   3     5
6  ヴァンフォーレ甲府  33    9   6   6    9

7  ツエーゲン金沢    31    7   10   4    13
8  V・ファーレン長崎  31    9    4    8    18(J1)
9  徳島ヴォルティス   31    8    7    6    11
10  ファジアーノ岡山   31     8   7    6     15
11  アルビレックス新潟  29   8   5    8    16
12  横浜FC       29   8   5    8    3 ▼
13  FC琉球       28   7   7    7     J3
14  東京ヴェルディ    28    7   7    7   6 ▼
15  レノファ山口FC   26    7   5    9    8 ▼
16  FC町田ゼルビア   25    6   7    8    4 ▼
17  愛媛FC       23    6   5   10   18
18  ジェフユナイテッド千葉 23   5   8     8   14
19  鹿児島ユナイテッドFC 20    6   2    13    J3
20  栃木SC        17    3   8    10    17

21 アビスパ福岡      17    4    5    12   7 ▼
22 FC岐阜        15    4    3    14    20

昨年と比べて躍進しているチーム沈んでいるチーム

1  モンテディオ山形   木山 隆之 監督3年目 監督経験あり
2  京都サンガF.C.     中田 一三  監督1年目 監督経験なし
4  水戸ホーリーホック 長谷部 茂利 監督2年目 監督代行の経験あり

12  横浜FC       下平 隆宏 5月就任     
14  東京ヴェルディ    ギャリー ジョン ホワイト 監督1年目
15  レノファ山口FC   霜田 正浩 監督2年目     
16  FC町田ゼルビア   相馬 直樹  監督6年目     
21  アビスパ福岡     久藤 清一 6月就任 
成績不振のために監督解任、就任なので就任期間が短くなっています。

余談ですが、木山は1年間ジェフ千葉で監督(昇格プレーオフ決勝で大分に敗戦)、長谷部も数か月間ジェフ千葉で監督代行(関塚解任後)、中田はジェフ千葉で選手。

過去10年間の昇格状況

2018(42試合、上位2位自動昇格+プレーオフ・入替戦勝利で1チーム昇格)
 1 松本山雅FC 反町7年目
 2 大分トリニータ 片野坂3年目

2017(42試合 上位2位自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 湘南ベルマーレ 曺貴裁6年目
 2 V・ファーレン長崎 高木5年目

2016(42試合 上位2位自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 北海道コンサドーレ札幌 四方田2年目
 2 清水エスパルス 小林伸二1年目

2015(42試合 上位2位自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 大宮アルディージャ 渋谷2年目
 2 ジュビロ磐田 名波2年目

2014(42試合 上位2位自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 湘南ベルマーレ 曺貴裁3年目
 2 松本山雅FC 反町3年目

2013(42試合 上位2位ム自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 ガンバ大阪 長谷川健太1年目
 2 ヴィッセル神戸 安達2年目

2012(42試合 上位2位ム自動昇格+プレーオフ1チーム昇格)
 1 ヴァンフォーレ甲府 城福浩1年目
 2 湘南ベルマーレ 曺貴裁1年目

2011(38試合 上位3チーム自動昇格)
 1 FC東京  大熊清2年目
 2 サガン鳥栖 尹1年目
 3 コンサドーレ札幌 石埼3年目

2010(36試合 上位3チーム自動昇格)
 1 柏レイソル  ネルシーニョ2年目
 2 ヴァンフォーレ甲府  内田一夫1年目
 3 アビスパ福岡  篠田善之3年目

過去10年間の自動昇格監督

反町康治 2014年松本山雅 就任3年目、(2003年、新潟の昇格監督)
     2018松本山雅 就任7年目
     
片野坂知宏 2018年大分 就任3年目 (監督経験なし)

曺貴裁 2012年湘南 就任1年目 (監督経験なし)
    2014年湘南 就任3年目、
    2017年湘南 就任6年目、

高木琢也 2017長崎 就任5年目 (2006年、横浜FCの昇格監督)

四方田修平 2016年札幌 就任2年目(監督経験なし)

小林伸二 2016年清水 就任1年目(大分、山形、徳島の昇格監督)

渋谷洋樹 2015年大宮 就任2年目 (監督経験なし)

名波浩 2015年磐田 就任2年目 (監督経験なし)

長谷川健太 2013年ガンバ大阪 就任1年目(清水で監督経験あり)

安達亮 2013年神戸 就任2年目(監督経験なし)

城福浩 2012年甲府 就任1年目(FC東京で監督経験あり)

大熊清 2011年東京 就任2年目 (1999年、FC東京の昇格監督)

尹 2011年鳥栖 就任1年目(監督経験なし)

石崎信弘 2011年札幌 就任3年目(山形、大分、川崎等の昇格監督)

内田一夫 2010年甲府 就任1年目(監督経験なし)

篠田善之 2010年福岡 就任3年目(監督経験なし)

昇格させた監督の特徴

昇格させた監督 16名

自他チームを昇格させた監督 5名 反町、高木、小林、大熊、石崎

就任1年目で昇格させた監督 6名 曺、小林、長谷川、城福、尹、内田
就任2年目で昇格させた監督 5名 四方田、渋谷、名波、安達、大熊、
就任3年目で昇格させた監督 4名 反町、片野坂、石崎、篠田
就任4年目以降で昇格させた監督 1名 高木5年目

監督経験なしの監督 9名 片野坂、曺、四方田、渋谷、名波、安達、 
             尹、内田、篠田

監督経験なく1年で昇格させた監督 3名 曺、尹、内田
監督景観なく2年で昇格させた監督 4名 四方田、渋谷、名波、安達、
監督景観なく3年で昇格させた監督 2名 片野坂、篠田

・昇格は監督就任3年以内(本気で昇格目指すなら、2年で結果が出なければ解任が普通)
・監督経験がない監督でも昇格可能性は高い(監督経験があっても成功体験がなければ駄目監督)

監督経験がない監督でも、3シーズン監督をさせてみれば、できるかできないかがわかります。

結論

以上の2点から、2位以内の自動昇格枠の1つは京都と予想
年初に予想した、柏、長崎も当然昇格候補


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。