「いい写真」と「”いいね”な写真」

写真をよく撮る。風景も撮るし、人物も撮る。撮った写真は主にInstagramにアップしているのだけれど、常々思う。「いい写真」と「”いいね”な写真」は違う。

SNSを回遊していると「”いいね”な写真は何も映っていない、もっと”いい”写真を撮るべき。」という声もちらほら見かける。

しかしそもそも、いい写真、とはなんだろう?メディアとコンテンツの関係性がこれを考えるヒントになる。

メディアとコンテンツの関係

メディアとコンテンツには密接な関係がある。

たとえば、テレビで受ける番組とYoutubeで受ける番組は違う。

たとえば、小説におけるいい文章とTwitterにおけるいい文章は違う。

つまり、メディアによって受けるコンテンツが違う。

それを顕著に表す現象として、昨年末に「インスタ映え」が流行語大賞に選ばれたときにTwitter上で「#Twitter映え」というハッシュタグが生まれた。

そのメディアごとに受け入れられるコンテンツが違うのだ。

”いい”コンテンツってなに?

それぞれのメディアで多くの人に称賛とともに受け入れられるのが「いい」コンテンツだと僕は思う。つまり、絶対的にいい写真というのは存在せず、それぞれのメディアにあったいい写真がある、というだけのことだ。

いま一般に「いい写真」といったときのいい写真というのは、旧メディア的なものが多い。”美術館”でみるような背景に文脈を抱えていて鑑賞者に考えさせるような写真、”雑誌”でみるようなコンセプチュアルな写真・・・

そういう写真が好きなひとがInstagramやTwitterで評価されている逆光キラキラ写真を見て憤る気持ちもわかる。「なぜこんな薄っぺらいものが受け入れられるんだ!」。それはInstagramが軽薄なメディアだからだ。スマホによって写真が世の中に溢れ、写真に対する鑑賞態度はとても軽薄になった。一つの写真とじっと美術館と向き合うのではなく、スマホのなかのタイムラインで友達の写真にまぎれて表示されるわけだ。そりゃあこれまでと違う表現が受け入れられるようになるのは当然だ。

昨今的メディアにおける写真表現は「パッと見の綺麗さ」が最重要課題となる。そのなかに含まれる意図を読み解いてくれるほど、観測者は時間をかけてくれない。

メディアごとに適切なコンテンツ表現がある。その適切な表現をして、そのメディアにおいて称賛されるコンテンツが”いい”コンテンツだ。つまり、メディア特性とコンテンツ表現は同時に見ないと”いい”かどうかはわからない。

濱田英明さんの展示"What is good photography?"について

こういったテーマに対して、とてもうまく分析しながら表現も行う写真家の濱田英明さんが #もしもSNSがなかったら展 という展示会で”What is good photography?”という作品を展示している。その企画意図の一部を以下貼り付ける。

(急速なメディアの変化の話を受けて・・・)めまぐるしい変化のなかにおいてももしそれが「良い」写真であれば、メディアやデバイス、そしてプラットホームに頼らない力を持ちえるのか?と。そもそも「良い」写真とはなんでしょうか? 〜〜〜 本展では、この一枚の作品をできるだけさまざまな方法で見ていただけるようにしました。たとえ見え方が変わったとしてもその写真が得る評価は変わらないのでしょうか?もしそれがほんとうに「良い」写真であるならばどんな方法で見ても同じように「いいね」なのでしょうか?写真とはどうあるべきなのでしょうか?本作品をこのようなかたちで展示することが、それらの疑問について考えるひとつのきっかけになればと願っています。 もしもSNSがなかったら、あなたはどんな写真を撮りますか?

この企画意図とともに、様々なメディアで同一の写真が展示されている展示。

Instagramで人気を得た写真を、PCやTシャツなど他メディアでも展開したときにどのように見えるのか?ということを展示することを通じて、メディアを超越するような”いい”写真とはなにか?そもそも存在するのか?について考えさせられる。

これ、とてもとても行きたかったのだけれど、気づいたら終わっていた・・・

〜〜〜〜

結局何が言いたいかというと・・・

表現分野における”良い”というのは相対的な概念で、絶対的な良い悪いはありえないので、他人の表現に口出しするのは野暮だと思います、ということです。以上!

あ、よかったらフォローしてやってください👇

Twitter:https://twitter.com/kuzzken

Instagram:https://www.instagram.com/kuzzken_ig/

では!

===============================

2019-03-04追記

===============================

濱田さんがシェアしてくださって伸びているので追記します。

マーシャル・マクルーハンはこういいました。

「メディアは、メッセージである。」

人間の経験様式を規定するのは、コンテンツではなく、メディアそのもの。つまり、メディアが変われば、その経験様式にあわせてコンテンツも変わるべきです。

お皿が変わったなら、それにあわせて見栄えのする料理を提供しなければならない。そして工芸技術によってお皿の形は刻々と変わっていくので、結果として料理も変わっていく。

そういうことがいま、スマートフォンの登場とSNSの普及によってあらゆる表現分野において起こっている。

テクノロジーはメディアを変え、メディアはコンテンツを変える。

この大きな変化の波を乗りこなして、いい表現をつくっていきたい所存です。

…ちなみにここでは、普及したメディア特性にあわせてコンテンツ(表現)も変わっていく、という旨の話をしていますが、実は逆のパターンも超例外的にありました。つまり、コンテンツがメディアを規定するというケースです。

CDの最大再生時間は74分ですが、これはベートーヴェンの第9の長さが74分だからだと言われています(俗説ですが)。

https://www.kanzaki.com/music/cahier/cd74min

こちらの記事も興味深いので、ぜひあわせてお読みください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最近痔になり手術代が40万かかりました。

ありがたき幸せ・・・
124

#写真 記事まとめ

写真や撮影テクニック、写真についてのに考察記事などをまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。