詩人 桑原滝弥インタビュー:裸で社会を抱きしめる(1) | LOTUS Flower Design & Art-168

今回は詩人 桑原滝弥氏のインタビュー動画パート1をお送りします。

僕の周囲の詩人さんの中で、僕から見ると異色というのか社会に対して意識的に対峙して活動されてる桑原氏に興味を持ち、今回インタビューを録らせていただきました。
桑原氏は2011年からずっと東日本大震災の被災地はじめ各地の災害の被災地に出向いて詩の朗読やパフォーマンスを続けられています。ご自分の作品の認知や承認を第一義にしてるであろう詩人さんが多い中で、ナゼ表現活動に社会的な活動を取り入れているのか、語っていただきました。
全体的なトーンとしては、「表現の深化と渡る世間」といった感じになりましたが(笑)。

大きく三つのパートに分かれたインタビューになってます。今回はそのパート1。2011年に始められた東日本大震災の被災地での活動のきっかけ等をうかがいました。

https://youtu.be/XR4mgK8g3Y4


桑原滝弥ブログ
http://shijinrui.blogspot.jp/

桑原滝弥 mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1143039

<このインタビューの続編です↓>
詩人 桑原滝弥インタビュー:裸で社会を抱きしめる(2上)
詩人 桑原滝弥インタビュー:裸で社会を抱きしめる(2下)
詩人 桑原滝弥インタビュー:裸で社会を抱きしめる(3)

インタビューは、今回のために桑原氏にわざわざ手配していただいた「しもきた空間リバティ」さんの楽屋と、ステージ、客席を使わせていただきました。快くお引き受けいただいた「しもきた空間リバティ」さんに改めてお礼を申し上げたいと思います。
下北沢駅から徒歩1分という好立地の、お芝居やパフォーマンスにもってこいの小劇場さんです。
しもきた空間リバティ URL
http://www.liberty-entertain.com/

— — — — 
この動画チャンネルの発信者=
萩原哲夫(tetsuo hagiwara/別名ハギー・イルファーン)
DARSANA(だるしゃな)主宰。東京多摩地区で21世紀型の情報発信やブランディングをデザインするデザイナー、イラストレーター。ポエトリーリーディングをたまに。
東京都国立市出身、多摩市在住。13年間はシングルファザーをやりながら仕事も、2017年5月に子育て終了!
地元多摩地区のビジネスや情報発信のお手伝いがモットー。いつか地元で音楽やアートをミックスさせたフェスを開きたい! 異種クリエイターさんとのコラボも!

2000年に上野不忍池で満開の蓮の花に圧倒されてから蓮好きに。
現在興味を持っているのが地域おこし、日本のアートや文化のエッセンスを味わうこと、海外発信等。

web site: http://www.darsana.biz/DARSANA/
instagram: https://www.instagram.com/lotuth/?hl=ja
facebook: https://www.facebook.com/tetsuo.hagiwara.1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

気にいっていただけたら、投げ銭おまちしております!

3

萩原哲夫

蓮の花 デザイン&アート

YouTube動画と連動したブログです。 萩原哲夫(tetsuo hagiwara) 21世紀社会への移行を後押しするデザイナー、イラストレーター。 東京都国立市出身。13年間はシングルファーザーをやりながら仕事も、2017年5月に子育て終了! 個人、団体、企業の21世紀社...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。