自分について

自分とは何か

哲学的な話ではない。

最低限知っていて欲しいことだけ。

ごく一般的な会社員の男です。

普通だと自分では考えているが、ある一部の観点から見れば異質、マイノリティに属している。

ある一部の観点とは、恋愛に関して。

自分は男だと言ったが、恋愛対象に置いて自分が対象にしているのは、自分と同じく男。所謂、同性愛者というやつ。

これに関して、周りから見れば、普通ではないのだが、自分にとっては疑うことなく普通。普通に男が好きで、男に対して欲情する。
それが自分にとっての普通。自分にとっては日常であり、違和感を覚えることはない。

そこについて詳しく今は言及するつもりはない。


あと、自分はメンタル的な問題を抱えている。

現代ではメンタルの問題を抱えている人は多いと聞くが、他人のことはどうでもいい。自分は自分の世界で精一杯だ。
だから、周りがどうとか、周りの方が大変だとか、そういったことは自分には関係がなく、自分は自分の世界で問題を抱えている。

それは、常に雨だったり、調子がいいと雨が止んで曇り空、といった感じ。

病気が非常に重篤で、死にたいだとか鬱々と暮らしている、という訳ではなく、毎日が暮らしにくい雨模様。
たったそれだけのことだが、想像してみてほしい、毎日が雨、もしくは曇り空だったとき。晴れ空がやってこない窮屈さ。生きにくい世界。


なぜ、このnoteを利用しようと考えたか

毎日が整理がつかない毎日の中で、浮かんでは消えていく思考と言葉。
前述した問題のせいで、思考の整理とその記憶を長い間留めておくことが難しい。

それをなんとか繫ぎ止めることはできないものか。

Twitterでは文字数が足りず、自分のことを知っている人たちが見ている媒体の中で、自分の頭の中を全て曝け出すことについて困難を感じた。
Facebook、instagramなどもってのほかだ。

だが、どうしても世界に発信したい言葉が出てくることはないだろうか?
誰に見てほしい、知ってほしい、という訳ではなく、ただ世界にアウトプットしたいだけの言葉。自己満足の延長線上にある誰かの目に入ることを期待している言葉。

ここではあえて自分が特定されるようなことは避けていこうと思う。


色々言ったけど

特にここで何を発信していこうかとか、何をどうしていきたいかとかは考えいない。ただなんとなく始めてみただけだ。

何か共鳴するものがあれば、教えてほしいです。



jun.


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご訪問ありがとうございました
3

jun.

男です。 黒い犬がいます。 頭に浮かんだことを、そのままに書いています。 だから日によって内容に差があります。 1人の人間の生の言葉として受け取ってください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。