WWOOF 豆に暮らす

4日目は、初めてのwwoof先
電照菊とキャベツの一大産地 田原市
『豆に暮らす野の暮らし研究所』豆野さんの御宅へ。

言葉選びが秀逸なシュールダンディな旦那さま
笑顔が素敵で朗らかな優しい奥さま
素直でかわいいムスコさんの3人家族の元へ。

wwoofコンセプトをそのまま体感したような4日間。
家族のようで友達のよう。非常に絶妙な関係。
日を増すごとに今まで感じたことのない不思議な気持ちに。
これはwwoofしなきゃわかんないなー^^
何から何まで本当に良くしていただいて、すべてにOK!を出してもらえたくらい、有意義に過ごさせてもらいました。本当に感謝です!

朝昼晩とみんなで食卓を囲み、豆野さんの畑の作業や加工品作りをお手伝い。
いただいたごはんは、毎日毎回本当に美味しくて、感動しきり。本当に楽しみでした◎
調味料や手づくりに力を入れている豆研さんらしく、豊富な選択肢の数々!
見ているだけで楽しいキッチン、調理器具やお皿まで、センスの良さにうっとり♡

1日目は、レタスとキャベツの定植のお手伝い
2日目は、セット野菜の収穫と出荷作業
3日目は、パンプキンジャムづくり
4日目は、鶏のお世話とジャガイモ植え、畑の整理と人参の種まき

そら豆の若芽の摘芯
美味しすぎます!みんな食べたほうがいい笑

パンプキンジャムづくり

完成
煮沸も独特◎

鶏は60〜70羽前後
オスの数は調整しながら、しめていただくことも。
卵は毎日30個前後🥚
ベジタリアンチキン!

野菜くずと米ぬか、家で出る生ゴミをまぜまぜ
鶏さんのエサに。発酵臭が良い感じ。

育苗ハウス!

紅菜苔を株ごと抜いてむしゃり
ワイルドで無駄がない。

海沿いらしい。
牡蠣殻は砕くスタイル。

ジャガイモ植え🥔

====

豆野さんご夫婦の温かくて、ゆる〜い、大らかな人柄
本当にめちゃくちゃすきです。
日を増すごとに湧く豆野家への愛着、ぐっと近づいたなぁと思ったときには旅立ちの日、離れるのがとても寂しい。
wwoofここでさせてもらえてよかったなぁ!と思う反面、ここを経験してしまってのちのちやっていけるかと心配になるくらい笑 素敵すぎました。

農業と暮らしが、継ぎ目なくひと続きで、まるっと循環しているというのがしっくりくる感じ。
自分たちが生み出したものには、捨てるものがなく、必ず誰かの肥やしになる。
ご夫婦が口癖のように、
『いいよいいよ、誰々が食べるから』
『何々につかうから』とおっしゃる言葉通り、
輪を描くように『いのち』を分かち合いながら、生きる。
『いのち』の感覚が淀みなく流れている温かいご家族です。

『人生が仕事 』

その言葉にすべてが詰まっていたかな。
生きるが仕事。

貴重な4日間でした!

大変お世話になりました、ありがとうございました。^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしすぎる!

mainosuke

じゅんまい新婚旅行

2018年3月〜11月。 日本全国の農家さんめぐりの夫とわんことわたしの新婚旅行記◎✌︎ 主にWWOOF、飛び込みアポ取りからの訪問、無料または少しお金のかかるキャンプ場での寝泊まりの旅の記録。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。