ずっとある違和感の中で息をする

ずっとある違和感の中で息をする

 

 

電車乗ってても、街中歩いてても、人間観察が出来ない。スマホが登場するまでは、本を読むか、電車だと広告の文字を読んでいた。小学生から新聞読むのが好きな活字好き。常に何か考えてしまって、よく違う世界に意識が飛ぶ。飛ばない世界が実は水中。心地いい。これ、海が好きの理由の1つです。

 

あれはこっちで、それはあっち。いつもどっちかに仕分けられているように感じ、窮屈になって他者から自分を隔離したら、口数がいつの間にか減っていた。あれ?どうやって会話するんだったかな?とわからなくなった時がある。今も、その違和感は続いている。違和感だらけの世界。一人、別世界に迷い込んでしまったように感じてる。これはまだ消えない。おそらく消えることはないんだろう。嘆くか、抗うか、気にしないか、どう生きるか?と悩んだ末、ある1つを採用して今に至る。価値観なんて人それぞれで、みんな違うとわかっているが、違和感は消えない。みんな、こんな気持ちなのかな?と。

 

本に救われ、友達に救われ、海に救われたから、今もこうして生きていられると強く思う。やはり、救いが必要。何でもいいけど、ないとしんどい。愚痴とか悩み、基本言わないからないように思われがちだけど、きちんとある。ない人なんていないだろう。ただ、すぐに言わないだけ。ロボットじゃない。

 

小さい頃から、大人に散々否定され続けてきたから、僕は基本的に友達とか知り合いを否定したくない。人間だから、いやとか合わないとか思う時あるけど、もう大人だし、気軽に本人に言わないし、いなくても言わない。けど、友達だったら言うし、言ってほしい。まあ、否定したくないというのは、それとあと、自分の人生でやることや、取り組んでいることにいっぱいで、他の人の嫌な部分まで考えている時間がないというのもある。

 

自分の人生で、やること、考える事が沢山。アホやから、余裕がない。

たった一度きりの人生だから、好きな事や、好きな人たちと楽しく過ごしたい、天才だったらよかったけど

(゚∈゚ )

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

真木崇志

大阪でダイビングスクールを経営。SHOWROOM 公式/tiktok 厳選クリエイター プロフィール https://maki777.hatenablog.com/entry/2019/03/16/222951 https://rize-sea.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。