淋しさの温度

淋しさには温度がある。たくさんの人に囲まれているときに淋しさを覚える人もいれば、特定の人がいないことに淋しさを覚える人もいる。ふたりでいるのに感じる淋しさもあれば、離れているからこその淋しさもある。涙がとめどなくこぼれる淋しさもあれば、心が乾ききって涙の一粒さえも出ない淋しさもある。写真に写る淋しさもあれば、写らない淋しさもある。

この温度というのは実に微妙で、わずかな温度差でもまったく言葉が通じなくなってしまう。そして今日もどこかで分かり合えない者どうしの間に「誰だって淋しいよ」「それは贅沢な悩みじゃないかな」といったことばが、宙に浮いては消えるのだ。

*  *  *

彼とは同じ淋しさの温度を持つ者同士だった。ややこしい発想をしがちなふたりである。当然ながら淋しさも実にひねくれたもので、それゆえに周囲のアドバイスで余計淋しくなって、お互いに淋しさをこじらせている。

ときどき「淋しいね」と言い合うことがあった。私たちのあいだでは、淋しさに関するどんな言葉もするすると心に染み込んでいく。なぜなら、同じ温度だから。ふたりがふたりして、理解してもらえることにに飢えていた。理解してくれる人を、ずっと求め続けてきたのだ。この淋しさをわかってくれる人がいたなら、どれほど淋しくなくなるだろうと。

そして話しているうちに、気づいてもしまうのだ。マイナスとマイナスをかければプラスになるけれど、淋しさと淋しさは、かけてももっと淋しくなるということに。無理解の淋しさとはまた違う、理解し合ってもなお淋しいという世界があることに。生きれば生きるほど、嬉しいことの数は増えていく。そして淋しさの数も、増えていくのだ。


幻冬舎「幻冬舎plus」で占いとコラムを連載しています。

Instagramでは毎朝、タロットの一枚引きをしています。

Twitterでは毎朝、星を読んでいます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。サポートをいただきました折には、ブログやTwitterで公開している日々の占いを充実させるための勉強に使わせていただきたく思います。

ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
41

真木あかり

TEST

コメント1件

解決しない
生きて行く限り続く

一つきりの心臓の鼓動のような
寂しさについて

とても、共感しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。