ときめきは消えても

ときめきを間違えた。早すぎたのである。

平成最後のソメイヨシノはしだいに緑を濃くし、わずかに残る花も吹き抜ける春先の強風に煽られ空に消えていく。ざあっと梢を鳴らす風に髪を押さえて散り際を見ていると、そんな思いが胸をかすめた。といっても色気のある話ではなく、先週スプリングコートを処分したことを後悔したのだ。こんまりさんの『人生がときめく片付けの魔法』を改めて読み、「もうときめきを感じない」と手放し

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
61

あなたは、

「僕はぼんやりしているから、いけないところがあったら遠慮なく指摘してほしい」

そう言われて驚いた。私はその人と接していて、ぼんやりだなんて一度たりとも思ったことがなかったからだ。むしろ、私のことをいつも気にかけてくれている神経の細やかな人だと思っていた。私が悲しくないか、退屈していないか、元気でいるか、おなかをすかせていないか、仕事を溜め込んでいるのに無理して時間を作っていないかどうか、などなど

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
55

伏線回収

ねえ、そこ、今から行ってみようよ。

穏やかな冬の日曜に発せられた恋人のことばには、正直なところ賛同しかねるものがあった。我々は朝イチで仕事をしたあとすみやかにうたた寝をし、まどろみのなか私が15年前に参加したプロジェクトの施設について話していた。仕事は人生を語るうえで定番のファクターである。私は笑いと、自負心と、ただ少しばかりの恥と後悔をもってその仕事を語っていた。厳しいスケジュールのなかでベス

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
58

春の草

自信がないんです、というご相談をよくいただく。とてもとてもよくわかる。自分が黒くくさった虫みたいにどうしようもない存在に思えてしまうような夜は、自信という言葉そのものがもうまぶしくて直視できない。友達はみんな偉くてすごくてかわいく見えるし、サクセスストーリーが胸に刺さる。いやその人が、それだけの努力をしていることはわかっているのだけど。そしてよせばいいのに「両親がいまの私の年齢のときには……」など

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
55

ぎんなんとコミュニケーション

好きなタイプ、というものを聞かれると、私はいつも「手をつないで歩いてくれて、コミュニケーションが取れる人」と答えている。前半が半笑いでスルーされるのはまあよい。共感を得にくいのは後半で「そんなの誰だって当てはまるじゃない」と笑われるのだ。当たり前じゃない、そんなのわざわざタイプとして挙げること? というのが彼らの主張である。

  *   *   *

ぱきり、と音を立てて、なめらかな皮膚をもつ太

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
36

めんどくさい人

窓の外にはイルミネーション、そういう季節だ。全面ガラス張りのビストロからはタワーマンションに灯る窓の光をバックに街路樹のライトアップが重なり、さながら天の川を見ているようだった。眺めの良い席を譲ってくれた男子ふたりにお礼を言いつつ、冬生まれの嬉しさを噛みしめる。街全体が、お祝いしてくれているみたいだ。

スパークリングのロゼから始まった時間は白から赤へと移り、夜は更ける。サーモンのカルパッチョにか

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
41

真木あかりへのお仕事のご依頼について

このページをご覧いただきありがとうございます。

真木あかり(まきあかり)は占い師です。学習院大学文学部卒業後、フリーライターを経て占いの道に進みました。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカード等を用いて書籍や雑誌、Web、ムック等で鑑定・執筆を行っています。会社員時代に東京福祉大学にて心理学を学び、単に占いの結果だけをお伝えするのではなく、ご相談者様がより良い人生を生きるために占いを“

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
19

真木あかりについて(プロフィール)

真木あかり(まきあかり)

占い師。学習院大学文学部卒業後、フリーライターを経て占いの道に。四柱推命を中心に、占星術や九星気学、タロットカード等を用いて鑑定・執筆を行っています。会社員時代に東京福祉大学にて心理学を学び、単に占いの結果だけをお伝えするのではなく、ご相談者様がより良い人生を生きるために占いを“活かす”ことができるよう模索しているところです。

ほか、長くWeb制作および広告コンテンツ

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
10

さよならのあとで

星を読む仕事は毎年、9月から年始あたりが繁忙期である。夏が終わって朝晩の風にひんやりとした空気が混ざり始める頃、翌年の占いのお話がぽつぽつと舞い込み始める。どの占いも心をこめて書いているのは間違いないのだけれど、年間占いはやはり気合が入る。年末年始という特別な時期に見るものが、どのようなかたちであっても希望につながるものにしたい。たとえ厳しい時期であっても、なんらかの方針を立てることができれば人は

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
27

うらぎり

自分本位な人は手ひどく他人を裏切る。まるでナイフで断ち切るかのように。
優しい人は、優しく裏切る。お互いに責任があったよね、とまるく収める人もいれば自分が悪いと重い荷を背負う人もいる。それはまるでぬるま湯が冷めていくかのような自然の摂理に見えて「そうかあ」なんて納得しかけるのだけれど、まあ裏切りであることに変わりはない。どちらも絶望の谷に突き落とされるだけなのだ。私も、いろいろな人にいろいろな裏切

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも嬉しいことがありますように。
48