性欲と母性はきっと似ている

先日女友達とランチした際に、保活の話になった。私が生後2か月から無認可の保育園に預ける予定だと伝えると、彼女は少し困惑していて、「そんなに仕事したい?子どもの成長を見守る以上の幸せってあるのかな」と言った。

そして今日Twitterのタイムラインをみていたらとある女性の「いつか子どもができたら」という記事がシェアされていた。読み進めてびっくりしたのが、記事を書いた女性はまだ独身で、だけどいつか結婚し、子どもを産むことを今から心持ちにしていることだ。自分の過去を振り返ってみたけど、そんな心境になったことは今までに一度もなかった。

妊娠してからこんなことがたびたびある。ことあるごとに自分の「母性」の薄さを痛感する。私が産後一番楽しみにしているのは、子どもへの授乳ではなくて、心ゆくまでアロママッサージを受けることだし、チャレンジしたいのは、いかに子どもを育てながらも自分の時間を確保するか。

後3か月で産まれてくる私の中にいる人と会うのはすごく楽しみだし、一緒にこんなことしたい、そんな期待やワクワク感も当然ある。ただなんというか、そのワクワク感は私にとって「大学生活が始まる」とか「新しい彼氏ができた」の時と近しいもので、「自分の子を産み、育てる」ということが今までの人生でいちばん喜ばしい出来事になる、という感覚はない。

この「母性」の量の個人差、「性欲」と似ているなあと思う。以前ライターの仕事で取材させていただいたとある女性は「子どもができた時「ああ、もうセックスしなくていいんだ!」と嬉しくなった」と打ち明けてくれた。
彼女にとって「セックス」というのは子どもを作るため、パートナーから求められるからしょうがなくするもの。人生の醍醐味のひとつが好きな人と体を合わせることにあると思っている私にはまったくない感覚だった。

今日も妊婦にはあまり好ましくないとされているコーヒーを飲み(一応1日1杯を限度にはしている)、転倒のリスクが頭にちらつきながらも信号が変わりそうな横断歩道を走ってわたり、こんなに「母性」が薄くても子どもは育てられるものなのか、とふと少し不安になる。

まあただ性欲が薄くてもセックスができるように、母性が薄くても子育てもできるんじゃないかと思い直す。濃ければ濃いなりに、薄ければ薄いなりにすればいい。「誰かの母性」や「誰かの性欲」は「誰か」のもの。私は「私なりの母性」と「私なりの性欲」の範囲で、子育てを、そしてセックスを満喫していこう、そう思う。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Have a nice day:)
11

Maternity Thoughts(出産準備)

妊娠してから出産までに考えたことについて。

コメント3件

私は子供を産むまで自分の母性の強さに気付きませんでしした。でも母性とは必ずしも一緒にいてあげることではないと思いますよ。24時間べったりだった息子より、人に預けてばかりだった娘の方が確実に生きる力があり、何が正解なんて誰にも分からないのだと実感しています。そしてまだ今も子育て真っ最中で、この先どうなるかも分からないです(笑)でも分からないことだらけで自分でコントロールできないところが、子育ては面白いです!
>母性とは必ずしも一緒にいてあげることではないこの言葉すごーく支えになります!ほんと子どもに対するスタンス、考え方、やり方が人によって濃淡があって色々混乱することも多いんですけど、うまく自分の中でバランスとっていければー!そして産んでからみんな変わるよーと言ってもらってるので、その心境の変化も楽しめればです!そして何より産んだらバーボッサで飲みましょうー♪
わあ♡楽しみです❣️はい!是非🍷
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。