見出し画像

ニューモダンローズを上手に作るコツ! 〜組み立てプロセスを徹底解剖〜

ハイブリッドティーローズに続き、先日から量産しているニューモダンローズ。
(前回:2019.08.09)

いくつか作るうちに気付いたポイントがあるので、写真にまとめてみました。

まだ私も覚えたてなので、至らない所があるかも知れませんが、少しでもお役立ていただければ幸いです。

なお、工程の番号は、佐藤直幹さんの著書「一枚の紙から作るバラの折り紙」のもの。
まだお持ちでない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
❶全体を丸める前に
❷中心を仕上げるコツ
❸HTローズも参考に

♦︎♦︎♦︎

❶全体を丸める前に
工程11〜13、収束させる直前につける折り筋について。

2枚or3枚をいっぺんに折ると、インコース・アウトコースで誤差が出てしまうんですよね。
ここは、ヒダを1つずつ(5回)折るのがオススメです。

それから、裏側の中心部分。
全体を丸め始める前に、5つのヒダを反時計回りに倒して、円錐形に整えておきましょう。

ニューモダンローズの中心部分は、ハイブリッドティーローズよりもデリケートなので、コレをしないと紙が動いてくれないんですよね。
(HTローズでもコレをやると、丸めやすくなります)

ヒダがうまく起きない時は、ペン先などで引っ掛けてあげるといいですよ。

❷中心を仕上げるコツ
工程15〜25、一気に折りたたむシーン。

まず、「求心中割り折り」で曲線につけた折り筋は、ここでしっかり折り直しておきましょう。

ニューモダンローズは、中心を開くまで花びらがフラットになりません。
ハイブリッドティーローズとは、大きく違うポイントです。

中心を開く時は、外側に、外側に。
5つのヒダを少しずつ均等に、マッサージしながら穴を広げていきます。

ある程度まで広がったら、外側を★型に整えます。
外側と内側で、2つの★マークができていればOKです。

ツマミ具合によって表情が変わるので、皆さんのお好みで調整してみてください。

❸HTローズも参考に
ニューモダンローズの工程は、ハイブリッドティーローズとほとんど同じです。

◯折り筋はキッチリつけず、ふんわりでOK

◯収束・中割り折りは同時進行でもイケる

◯底をギザギザにまとめると、ガクがすっぽりはまる

◯一番外側の花びらは、上から見えるように大きく広げる

などなど、私が過去に解説した内容がそのまま役立ちますので、良かったら参考にしてみてください。
【仕込み編】
(2019.07.12)
【組み立て編】
(2019.07.14)
【補足】
(2019.07.16)

♦︎♦︎♦︎

というわけで、「ニューモダンローズ」のポイント解説でございました!

「ココ違うよ!」とか「私はこんな工夫をしてるよ」など、お気付きの点があったら、ぜひ御意見をお寄せください。

高難度なうえ、工夫の余地もたくさんある佐藤ローズ。
みんなで情報交換して、より美しく折れるようになれたらいいですね。

#青いバラ #bluerose #ニューモダンローズ #newmodernrose #佐藤ローズ #satorose #バラ #rose #origamirose #おりがみ #origami #paperwork #折り紙 #折り紙作品 #まさにぃ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

まさにぃ

今や世界的な文化となった「ORIGAMI」の、知られざる世界を覗いてみませんか? 日本折紙協会(NOA)認定講師「まさにぃ」が、日々の作品を楽しく紹介。http://masanii-origami.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。