アイスクリームマン、ネオ書房、新しいペンネームや新しい活動のヒント、などの一日。#kurukeredo

2019年8/12(月)3002



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1160810527729127425
昼から観劇。



夕方、
切通理作さんの
ネオ書房へ。
https://www.instagram.com/p/B1ED9QtDZUc/


枡野書店には、
本革製
うまい棒専用ケースがある。
短歌用の一行原稿用紙とか、
色々つくったのに、
忘れてしまうなあ。
https://www.instagram.com/p/B1ED-MgjxHM/



https://twitter.com/rodacoco/status/1160898461673222144
毎日新聞連載中です。
続き書かないと。


この続きをみるには

この続き:1,514文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から2018年9月まで毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になり...

または、記事単体で購入する

アイスクリームマン、ネオ書房、新しいペンネームや新しい活動のヒント、などの一日。#kurukeredo

枡野浩一(歌人)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深謝!
1

枡野浩一(歌人)

短歌ブームの下地をつくった青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット。小手川ゆあさんによるコミック版はアジア各国で翻訳されています。電子ブックもありますよ。南阿佐ヶ谷の白っぽい小さな多目的スペース「枡野書店」店主。https://masunobooks.com/

毎日のように手紙は来るけれど #kurukeredo

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります。正直さでは負ける気がしません。1日ずつのバラ売りもありますが、まとめ売りのマガジンは毎日更新をめざしますので、30本とかで700円。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。