記憶される名刺。

名刺で生まれる偶然の再会

名刺を差し出して「あれ?」と言われることが昨年は2度あった。

この通り、名刺を横に使って真ん中に縦に名前を入れただけの
デザインは、よく「変わった名刺ですね」と言われることがあるが、
この「あれ?」も、名刺を見ながら口にした相手の方の第一声である。

いずれも10年以上ぶりの再会だったが、画像保存能力の低い私の方は
「どこかで会ったか」と思う程度の認識でしかなかったの

もっとみる

§16 海外で名前を覚えてもらうための一考【旅ログ ウガンダ編 X.】

本稿は、この一つ前の投稿の続きです。
読まれていない方はこちらを先に読んでいただけると幸いです。

今日は、名前が「ちたか」というヘンテコなものになるに至った経緯です。

それでは、本編に移りましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人それぞれが持つ名前には、つけた人の想いや、先人なり言葉なり、そのモチーフとなったもの自体が持つ意味を内包していることがほとんどだ。

とりわけ漢

もっとみる

§15 人知れず、名を改めました。【雑記】

もうかれこれ1月くらい(改名準備中)という名でnoteもTwitterも動かしていましたが、この度、活動に際して新しい名前をこしらえました。

改めまして、嶋田 智駄伽(しまだ・ちたか)と申します。
なにとぞよろしくお願いいたします。

...慣れないですね。

珍しいような、珍しくもないような。不思議な名前でしょうか。
あえてそれを狙った部分もあります。

なんだかオチを一から十まで説明する落語

もっとみる

『私のペンネームについて』

私のペンネームは『千屋 ゆう子(せんや ゆうこ)』。

『千屋』という苗字は、本名ではない。

よく「格好付けた苗字だね」と言われてしまうが、決して格好良いと思って付けた苗字でもない。

“千”という文字に惹かれることが多い人生で、『D.Gray−man』という漫画に出て来る『千年公伯爵』が好きだったり、聖書に出て来る『千年統治』という言葉も好き。

『せん』という暑苦しくも清々しくもない響きも良

もっとみる

【レモネードスリーパー( )からの、お知らせ!!】

この度、レモネードスリーパー( )として活動することになり、noteやクラウドワークスやランサーズ、等々の私のアカウントのページを一新しました。皆さん、今後とも、よろしくお願いいたします。

【レモネードスリーパー( )より】

サンキューベリーマッチ!!(ペポカボチャを摂取して効果を実感しつつ!)
5

終活クイズ①『芸名で残した遺言書は有効』○?✕?

こんにちは。遺言相続に強い行政書士のコンプライアンス小松﨑です。

さて、『芸名で残した遺言書は有効』○か✕か?ということなのですが、

たとえば以下のような遺言書が出てきた場合どうなのか?

『全財産を○○に相続させる

令和元年6月22日  トランプマン 印』

答えは…

○です!つまり有効です。

芸名で残した遺言書であっても遺言者が日常用いていて、遺言者との同一性が示されていれば有効です

もっとみる

マリーナ・アブラモヴィッチに押されて私は飛びおりた

今日で、初めてnoteを投稿した日から丸1ヶ月。マリナ油森、は本名ではない。今日はペンネームについてお話しよう。

マリーナ・アブラモヴィッチ。聞き慣れない名前だと思うが、現代美術に造詣の深い方ならご存知であろう。パフォーマンスアートの大御所だ。
私のペンネームは彼女の名前をもじったものである。私には彼女の力が必要だった。

1ヶ月前、私はnote投稿画面を前に固まっていた。文字を入力する指が重い

もっとみる
おすすめ吸血鬼映画は『シェアハウス・ウィズ・バンパイア』
9

わたし以外のわたしもいるの。

自己紹介が苦手だ。たとえばワークショップなんかで、特に必要もなさそうなのに「さあ、そちらの方から順に自己紹介をしてください」と言われたりすると、内心は「もう帰る」だ。そんなわたしが、よくもまあ、「コミュニケーションスキルをアップする文章教室」なんかやれるもんだ、と自分で呆れる。(共同主宰の相方が、たいへん優秀なのですよ。ええ。)

ところが、ワークショップをやる立場になると、話はちがう。小学生を前

もっとみる