見出し画像

日本が衰退から抜け出すのに必要な処方箋

日本人は勤勉だと言われています。僕もそう思います。世界中見回しても、日本人ほど生真面目に働く民族はあまりいないでしょう。どこに行っても日本人が勤勉の代名詞です。

そんな生真面目な人々がたくさん住む日本は、ここ30年間、ただひたすら低迷を続けています。今となっては「Japan as Number One」などという本がアメリカで大ヒットしたとか、アメリカ議会が真剣に日本脅威論を論じていたとか、どこか別の惑星の出来事だったのではないかと思うくらい現実のこととは思えません。

しかし、日本はかつて本当に世界を席巻していました。こちらは平成元年度と平成30年の世界企業の時価総額ランキンング・トップ50ですが、なんと時平成元年度には50社中32社を日本企業が占めていたのです。現在、中国が凄まじいと言われていますが、たった6社(うち1社は香港企業)しか入っていません。つまり、当時の日本は今の中国の5倍くらいの勢いだったのです。

ダイアモンド・オンライン;「昭和という「レガシー」を引きずった平成30年間の経済停滞を振り返る」より

一方右側の昨年のランキングを見ると、日本企業はトヨタしか残っていません。それどころか、左の表の中の企業の中には、倒産や合弁でなくなってしまった企業が多数あります。

一方こちらは、過去30年間の日経平均株価とダウジョーンズの推移を比較したものです。濃い青線がダウジョーンズで薄い青線が日経平均です。ダウが1015%上昇しているのに対し、日経は36%下がっています。

一体なぜ日本は、こんなにも長い間停滞を続けているのでしょうか?

近い将来、この停滞には歯止めがかかるのでしょうか?

一体どうすればこの状況から抜け出せるのでしょうか?

この記事では失われた30年がそのまま50年や100年にならないためにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。

※この文章は単品で100円ですが、1000円でこのマガジンを購入すると、1ヶ月25本くらい読めるので1本40円です。

この続きをみるには

この続き:2,725文字/画像1枚
記事を購入する

日本が衰退から抜け出すのに必要な処方箋

松井博

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの記事を気に入っていただけましたら、サポートしていただけると嬉しいです!

ありがとうございます😊シェアしていただけると最高です!
46
Brighture English Academy 代表 ( https://brighture.jp/ ) 著書:「日本人のための 一発で通じる英語発音 」など。twitter: https://twitter.com/Matsuhiro
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。