12/25魔女Barレポ『平成魔女くらし』

こんにちは、魔女のりちゃです。
冒頭から早々にアレなご挨拶ですが、名乗ったもん勝ちなので胸張っていきますね。
先日は謎の魔女活動の一環として、屋根裏の魔女によるクリスマスの宴を催しました。

クリスマス当日にするイベントなんて、もしかしたらお客様が一人もいらっしゃらない予感がしていました。
スタッフと屋根裏ひみつ結社のワロキ先生と三人で「平日だし夜遅いしこりゃトリオでクリスマス会配信だねー☆」なんて言ってたのですが・・・!

なななんと、お客様がいらっしゃいました!!!感涙

年末のご多忙の折、気にかけてくださるだけで幸せ者なのですが、会場まで足をお運びいただきました。
本当にありがとうございましたー!!!

当日は道路が激混みでスタッフ車が1時間遅れたりと搬入にアクシデントもあったりして(さすが師走)、お食事の準備がかなりおしてしまいました。

それにもかかわらず、お客様みなさま優しい!
屋根裏のお客様はいつもみんな優しい!!!(土下座)

交流イベントって一人で参加しづらいなーって方。
めっちゃ安心してください。大丈夫。みんな優しい。(土下座)

制作は孤独だ、作者の言いたいことは作品で語れ、とか言われけますけども。
そういうの子どもの頃からやりすぎました!ひとりぼっち満喫しすぎました!もうぼっちいいや!お腹いっぱい!
だから来年はもっともっとたくさんの人たちと楽しみたいのです。

ちなみにお部屋に置いたフラワーコーディネーターさんお手製の生け込み。
魔女が森から拾ってきた植物で作ったクリスマスツリーのイメージでした。

あっまた前置きが長くなりましたが、当日の模様をちょっぴりレポしますね!そろそろ!

はい、『マンガ肉の煮込み』こと『アイスバイン』。
ドイツの有名なお料理ですね。ポトフのようなスープでコトコト煮ること数時間。
はじまりからクライマックスなお料理紹介ですみません。

今回は屋根裏の飲食アシスタントに就任した『ふぅ店長』(本業はパン屋『プロローグ パサージュ(たまプラーザ)』の店長さん!)と一緒に魔女っぽいお料理を、ということで打ち合わせました。
りちゃが選んだ世界の郷土料理をご用意しました。お肉中心に
今回お送りしたつくったお料理写真をちらっとご紹介。見事にお肉ばっかり。(ちなみにお肉塊総重量は先日の原木生ハム超えましたw)

お肉まつりレポ始まるよー!!!

『ボルシチ』
ロシアの郷土料理。日本でいうと母ちゃん特製お味噌汁でしょうか。カブみたいなピンクのお野菜ビーツは瓶でも缶詰でもなく生野菜を使いました。まな板も手もがみるみるうちに真っピンク。自然にピンクになっちゃう着色能力のある野菜ってすごい。「ビーツがずっと苦手だったけどこれは美味しい!」いただきました。やったぜ。たくさん煮込むとお野菜の甘みが溶け出して優しい味に。特にスープは新鮮でいい素材を使うだけで美味しくなります。味付けは塩だけでも十分美味しい。
ロシア語サイトから探してきた本場レシピをアレンジしました。翻訳ツールまじ便利。ほんといい時代。

『ユールンシカ』
スウェーデンの郷土料理。は〜い一口食べると幸せの肉塊感半端ないやつができちゃいましたー!豚肉のボンレス的なブロックを、塩分控えめなハム状態にして、粒マスタードとハニーマスタードと卵黄を混ぜた特性ソースを塗って細かくずりずりしたパン粉をまぶしてクローブをぶすぶす刺してオーブンで焼きました。めっちゃ簡単。混ぜて塗って刺して焼くだけ。
こちらもスウェーデン語のサイトから以下同文。

『ミートボール』
子どもにも大人気の肉団子。味付けはアメリカンな母さん風に仕上げました。
母ちゃんミートボールパスタはルパン三世にも出てきた魅惑のメニュー。りちゃアレンジ編としてトマトデミグラスソースに、見た目も可愛く食べやすい女子ウケ間違いないという独断と偏見によりリボンパスタを添えました。ああん女の子がリボン食べてるぅ〜か〜わ〜い〜い〜☆トマトの酸味が気になるときは、ちょっとだけお砂糖入れるとお子様も食べやすくなるかと。名前忘れたけど茶色いやつおすすめ。
英語のサイトから以下同文。

『ヤンソンさんの誘惑』
違うんです!舐めてません!正式な料理名です!
こちらは北欧のグラタンですね。じゃがいもにアンチョビを挟み込むように入れてバターと生クリームをかけ最後にパン粉をまぶしてオーブンでいい感じに焼きます。ここらでお察しかと思いますが分量は 適 当 で す ! (雑)
ベジタリアンなヤンソンさんをも誘惑できちゃう美味しさと評判のこちら、屋根裏でもご好評いただきました!看板通り!

…ここからは準備したものの時間の都合でお出しできなかったため!!!
スタッフまかないとしてでおいしく召し上がったお料理たちをおまけ的にお送りします(笑)

『ローストビーフ』

THE☆NIKUみたいな肉界の貴公子的存在。購入時はトレイに血が滴ってない新鮮なやつをGET出来たならば成功は約束されます。めっちゃお高い日本領土産の牛を味わうともはや次は海を越えられません。しかし海外産でも歯ごたえちょっと硬めが多いけどふつーに美味しいのです。塩胡椒のシンプルな下味で焼き目をつけて、じわじわと熱を入れる手法でやわらかーく仕上げるやつ。焼いてるときすでにもう食べたい。匂いがやばい。いやダメだ。中身をしっとりさせるには余裕のある殿様の心を持つことが大事。じわり放置術。そのままフライパンで蒸したり、ラップぐるぐる巻きにしてジップロックにオンしてで茹でたり様子を見ながらレンチンしたりと手段はいろいろあるので、そこはお好みで。一番楽なやつを選べばいいと思います。

『アヴゴレモノ』

こちらギリシャのお母ちゃん風代表料理。一見クリームソースっぽく見えるけど乳成分は全くなく紛れもなく卵ベース。卵レモンソース。酸味で後味スッキリ。ユヴァルラキァという肉団子にはお米を混ぜ込んでます。欲張り魔女が作ったらでかだんご過ぎて温めにくくて崩したら(おい短気)リゾット風になってこれもまた美味しかったです。お好みでみじん切りのお野菜入れて煮込んだらきっと美味しい。私は人参好きなので人参だけ入れました。ズボラにはみじん切りが地味にめんどくさいんだ...。

『シュトーレン』
ナッツとドライフルーツは無添加なオーガニックを使用。マジパンが入っていたり日毎に何度かバターを塗って熟成した代物、ふぅ店長に褒められました!!!素人レシピが!!!パン屋さんに!!!褒められた!!!

『パンプキンパイ』

こちら、ニシンは入っていないかぼちゃのパイ。おばあちゃんの得意料理ではなく、アシスタントのふぅ店長お手製です。レシピは本場の料理人から習ったそうです。飾りの種とかはりちゃの差し金。森の拾い物をちりばめてより魔女っぽく。
いやーこれはめっちゃ美味しかった。わたしの作業的には冷蔵庫からキンキンに冷えたバターを取り出してパイ生地づくりの時に氷水ちょびちょび入れたくらい。また作ってふぅちゃん!!!

そんなこんなで、本場のレシピに拘る我々の息はピッタリ!
ふぅ店長も、もう立派な魔女の一員です!笑

こんな感じで、なんだか最近突然に魔女とか言い出した感半端ないのですが、実は私にとって魔女はとても身近な存在。

ところで、みなさんが想像する魔女ってどんなイメージでしょうか?
物語に登場する魔女さんたちは、ちょっとおどろおどろしいものが多いのでネガティブな存在に思う方もいるかもしれません。

歴史的な観点でも、少し不穏なイメージのある言葉が連想される『魔女』。
日本の文化のなかでも近しい存在に思える『いたこ』や『ユタ』などはシャーマン的に少々スピリチュアルなイメージもありますよね。

私のようなパンピーの魔女りちゃに至っては、極悪オーラもスピリチュアルな『特殊能力』とかは一切ない平凡な魔女です。日々自然に寄り添いぼんやりしてます。平凡に。
どれくらい平凡かというとお札は浮かせられないしハットから鳩すら出せません。

(ハットから鳩って駄洒落みたいですね!あはは!)

そうだな〜しいていうなら『水属性』ということにしておきます。
何故ならば大概の参加イベントは雨模様という龍神様に愛されまくってる雨女だし、早起きが苦手なわたしも温泉旅館に泊まるとめっちゃ早朝から何度も入浴するほど温泉が大好きだし、3歳から通っていた水泳のクラブチームは厳しいところで有名でしたが楽しんでたし、ありとあらゆる『水』が好きなので水属性。いま決めました。そもそも魔女に平凡も何もあったもんなのかはわかりかねます。

いっけね。また話が逸れました。

そしてわたしの身近には自分以外にも魔女を名乗る先輩魔女の皆様が多数いらっしゃいます。魔女は魔女を呼ぶんですね〜引き寄せてますね〜。
そこで、OK貰えた方をお一人ずつ紹介させていただきたいと思っております。

(先輩魔女の皆様、ここはどうかひとつ何卒よろしくお願い申し上げます)

さてさて、初回のnoteインタビューはこのわたくし『りちゃ』。
魔女りちゃの特徴を5つあげて『平成魔女くらし』をご紹介します。あっなんかキュレーションメディアっぽい。あれ、これ下手すると2回目にして年号変わっちゃう予感?
そんなリニューアル前提の企画タイトルではじめる、第一回『りちゃ流の平成魔女くらし』。
一人二役でセルフインタビュー行ってみましょー!

【1】はじめに - 魔女は地獄耳?
【2】おいたち - 魔女はモノを拾う?
【3】いきざま - 魔女は空想家?
【4】もくてき - 魔女は貪欲?
【5】まとめて - 魔女はぼっち?

それでは早速質問コーナー!
私やっぱ魔女だな〜と自覚する5つの特徴とは?

【1】はじめに - 魔女は地獄耳?

【2】おいたち -魔女はよくモノを拾う?

【3】いきざま - 魔女は空想家?

【4】もくてき -魔女は貪欲?

【5】まとめて -魔女はぼっち?

そんな感じでお送りしました、第一回インタビュー『平成魔女くらし』。
山里へ降りてきたイノシシのようなぼっち魔女りちゃは、飢えています。

何って、仲間に!世界中の魔女さん!ゆるゆる募集しております!
魔女ならば年齢国籍性別などは一切問いません。
自薦他薦も「うちのインコ、なんか魔女っぽいのよね〜」って種族を超えた魔女なタレコミも大歓迎です。

自分が魔女だと思えば、あなたは立派な魔女です。わたしが決めました。
我こそは魔女だと思うみなさん!!!
ぜひあなたの魔女くらしをインタビューさせてください。
できる限り足を運ぶので直接お話しさせていただければと思っています。
地球の裏側にも行ってみたいな〜。(チラッチラッ)

次回はどんな魔女さんが登場するのでしょうか。
年号変わる前にはどうにか第2弾をお届けしたいです。
どうぞお楽しみに〜☆(いつも応援ありがとうございます!!!)

ぼっち魔女りちゃ、2018年はこれまでの年以上にたくさんのイベントを開催し気がします。
ほんのり興味持ってくださった方はおりませんか?
魔女くらしに触れてみませんか?

次回の茶夜会は1/26(土)です。

次の魔女Barも、きっと突然気まぐれに開催します。
お料理会のリクエストもあったので、また適当に持ち込んだ材料で何か適当に作りはじめちゃうかも。

なんせ魔女ですから・・・☆〜(ゝ。∂)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

やりたがり

いろんな企画。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。