ソーシャルと読書とFOMO

FOMOとは、Fear of Missing Out つまりは「楽しいことを逃してしまうのではないかという恐れ」のことで、Facebook や Instagram をいつまでもタップしてみてしまうときに、根底にある気持ちです。

この感情は両方のベクトルをもっています。つまり何かいいものがタイムラインに投稿されるのを見逃すのではないかという恐れと、そして実際によいものがあったときになぜそれが自分の身の上に起きないのかという一種のひがみの感情としてです。

Facebookでみんながなにか楽しそうにしているようにみえるとき、それは実際には錯覚で、楽しい出来事があった人だけが投稿しているのでそうみえるだけなのですが、FOMOは一人になりたくない、誰かにここにいることを認めてほしいという心のデリケートな部分を突き刺します。

最近それが、読書でもあるのだなということを意識するようになりました。

コスパ脳と読書

この続きをみるには

この続き:1,501文字
記事を購入する

ソーシャルと読書とFOMO

ほりまさたけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。