通勤時間の最適化という大げさに聞こえるけれども一度やっておくとよい作業について

4月から仕事場所が変わり、しかも通勤時間がかなり長くなることが決まっているのですが、それに向けて入念に行っている作業が一つあります。それは通勤時間をできるだけ短くするための、最適化の模索です。

たとえば職場に一番近い信号は一見直進したほうが早そうにみえるのですが、道の先で合流するポイントで答え合わせをすると右折したほうが75%ほどの確率で早いことがわかっています。それ以外にも、雨天時の追加時間、特に混雑で時間ロスがある時間帯といった情報の蓄積があります。

次の通勤経路は電車とバスを使いますので、こうした最適化を予め行うことができます。その手法についてちょっとまとめておきましょう。

意外に頼りになるアップルの「マップ」アプリ

この続きをみるには

この続き:1,858文字/画像4枚
記事を購入する

通勤時間の最適化という大げさに聞こえるけれども一度やっておくとよい作業について

ほりまさたけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。