Science Fiction: The Early Yearsにみる紙の知的情報整理の限界点

先日の「ライフハックLiveshow」#330回で時間を使ってお話したのですが、ちょっとした興味があってアメリカから大部の書籍「Science Fiction: The Early Years」を取り寄せて、ぱらぱらとめくっています。

SFの初期における作品3000点を渉猟し、その要約をまとめたこの本はコンピューターが活用されるようになる時代以前の労作で、何通りにも利用できる複数の索引が縦横に広がっています。

しかしやはりそこにも限界があります。

一人の人間が紙で達成しうる知的情報整理のほとんど限界点のこの本は、コンピューターとハイパーテキストを利用することで到達可能な未来の世界も見せてくれるのです。

この続きをみるには

この続き:1,985文字/画像3枚
記事を購入する

Science Fiction: The Early Yearsにみる紙の知的情報整理の限界点

ほりまさたけ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

mehoriのライフハックジャーナル

ほりまさたけの日記的エセーの置き場です。ブログLifehacking.jpの読者や「ライフハックLiveshow」のリスナーならばニヤリとするような、私の日常の断片を不定期にお届けします。いただいたサポートは今後もさまざまなコンテンツをお届けできるように活動にあてさせていた...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。