悪夢の中で。

キツネはつらい日々を送っていた。毎晩悪夢を見た。疲れ果て感情はなくなっていた。クマがキツネの家の玄関に、盛り付けたビオラを置いていった。キツネは気づかなかった。夜、悪夢を見続けた。いつからか、キツネの悪夢の中にビオラがあらわれるようになった。キツネは悪夢の中でビオラを見つめた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ayumu aizawa

短いおはなし7

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。