夢があるんだ。

「もう若くない男が言った。夢があるんだ。植物の本のある親密な場所で、雪の季節に蝋燭を灯す。そばにはやさしい花がいてくれて、手作りの美味しいお菓子がふるまわれる。僕はうまくはないけれど、誰かひとりの眠りのためのうたをうたう。世の中が言った。そんなの叶うわけない。」2月3日15時から。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ayumu aizawa

短いおはなし7

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。