一瞬のきれいを。

朝4時に起きて、青果市場で働いていた。

仕事が終わり、午後4時くらいだったか、
ぐったりして山手線に乗っていた。
車内は少し混んでいて、
なんだかどんよりした空気。
いつものどこへもゆけない日常。

ふと、制服の女の子が、わあ、みて、
と一緒の女の子に言った。
女の子の声をきっかけに
車内で立っていた人たちが窓の向こうを見て
つぎつぎにちいさな、わあ、という
驚きのため息をもらした。

誰もが声を出した訳ではなかった。
でも、車内のひとの気持ちが
さあっと明るくなるのが
目に見えるようだった。

街の遠く、ビルに時々隠れながら
雨上がりの夕暮れの雲の切れ間に、
低い虹が出ていた。

狭い車内の限られたみんなで
つかの間のきれいを見れた
変な照れくさいような
充足感があった。

車内のお互いは何も知らないし
何もわかりあってはいない。
けれど、一瞬のきれいを
一瞬でわかちあった。

あの時の車内の空気がさあっと
変わった瞬間をいまでも結構大事にしてる。

きれいごとは好きじゃないけど
見たんだからしかたない。

ひとの気持ちで空気は変わる。

だったら、
世界も変わる、
はず。









#虹








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

ayumu aizawa

コメント4件

わたしの数少ない幸運です^_^;
初めまして。Melancolicaさんの美しい心の情景を見せてくださってありがとう✨🌈✨
たくさん、いいね、ありがとうございますね、うれしいです^_^フォローさせていただきます!
こちらこそ、素敵な作品を読ませていただいてありがとうございます💙💚💛💜❤️全部【お気に入り】マガジンに入れたくて困りました!(笑)後でさかのぼってゆっくり読ませてくださいね!✨💖✨今後ともよろしくお願いします(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"💕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。