見出し画像

アーカイブ16-時雨に傘を捨て踊れ-

加入後結婚していたエノキに子どもが出来たとの知らせだった。

ツアー初日京都での公演終了後、メンバーで話し合う。

エノキの希望としては、
「活動ペースを大幅に落とせるなら続けられるが、各人の意識がそうでないならば抜けようと思う。」
という旨だった。

話し合いは簡潔にまとまる。

エノキは寿脱退する事と相成った。

決まっている分のライブは出演してもらうが、そこからはまた次のメンバー探しを始める。
余りにも苦境を乗り越え過ぎた為に、意思の統率が取れている状態でのメンバーチェンジは驚くほど淡々と進められた。

最終候補のギタリストを3人までに絞り込み、一先ずサポートという形で活動を再開する。

梅田Zeela副店長、THE WOW、草野華余子のサポート等をしていた
一色 隼

GRIKO、1POINTのサポート等をしていた
銀平

econoise、ソロでの弾き語りもしていた
ワダアツシ

ハイクオリティなサウンドメイキングやアレンジ力の隼くん
とにかく出音一発で全てぶっ殺す銀平ちゃん
バランス型でありながら天才的フレーズ手腕を発揮するワダアツシ

今までのメンバー選考(偉そうな表現だが実際は誰にお願いしようかという)で一番悩みぬいた。

そして、ご周知の通りワダアツシが加入して現在のmemento森の形となる。

彼の加入の決めては、ギタリストとしてのポテンシャルは勿論の事、誰よりも貪欲にバンドというものと向き合おうという姿勢を示してくれた事にある。

事実、現在のメンバーになってからのmemento森は大きく変わった。
音楽性だけで無く、今までよりも格段に風通しが良くなった。

正直、この4人の物語は現在進行形で、あまり多くを語るより、実際に皆んなと共有したり目の当たりにしてもらいたいと思っているので、この辺りでこの物語を一度終幕させたいと思う。

我々memento森は、ここまで書いてきた通り、1つのバンドの中では比較的ドラマの多いバンドなのでは無いかと思う。
多くの迷いや、後悔を乗り越えて尚、進もうとする。

まだまだ悩みは尽きないし、野望は膨らみ続けていく。

しかし、ふとした瞬間足を止めると、
多くの場所で、過ぎ去ったはずの瞬間が呼吸を始め、何度も問いかけてくる。

そんなもんか?
何か掴めたか?
もう終わるか?

その度に何度だって答える、
「やかましい。余裕じゃかかってこい。」

たった一度のステージの連鎖、まばゆいスポットライトの下、外野の野次は光に吸い込まれて、そこにはまだ立っている俺たちが居る。

we are memento森 from 神戸


-------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ明日!!

▼7/19(金) @神戸VARIT
memento森 pre.『NEVER 宴DING BEAT vol.9』

出演/
memento森
空きっ腹に酒

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 (+1D)
学割 ¥2000 (+1D)

チケットご予約はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Miya-z

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。