見出し画像

アーカイブ13-勘の信憑性-

正直なところエノキがいつ正式加入してくれたのかを覚えていない。
しかし、確認は取ったはずで、その時非常に喜んだことであろうことは感覚としては覚えている。

それほど、結構な期間"後悔"という得体の知れない憑き物に憑依されていた。
自身の選択を本質的なところでずっと受け入れきれていなかったのである。
非常に恥ずかしながら、その成分の殆どは"情"であったと今なら分かる。
メンバーに対する責任感を取り違えていたと言った方が適切かもしれない。

多少予想外の事態があったにせよ、結果としては円満に解決した問題を、勝手に罪として背負い込んでいた。
罰されたかったのかもしれない。
他人の人生に自分が干渉して、その人たちの時間を奪ってしまった。
そんな自分の罪悪感を楽にして欲しかったのかもしれない。

そんな意識が制作にまで及んでいたのか、
気付けば、あれほど変えたかった「6人での音楽性」をまたなぞっている。
当然、大幅にメンバーも変わり、物理的に人数も減っている。
そんなやり方が上手くいくわけがない。

あっという間にその空気はバンド内に蔓延し、えも言われぬ気まずさが生じ始めた。

恐らくエノキが加入した2013年の年末から年明け周辺、そこまで上がって来ていた数曲分のアイデアを一旦全部破棄して、考え方を入れ替えて曲を作ろうという事になった。

漠然とした記憶ではあるが、いつぞや東京でのライブの時、冗談交じりに「今日のライブが良く無かったらもう止めよう」
とメンバーで話していた。
しかし、音楽は意地悪で愛おしい。
ベタながらそういう時程良いライブになるように出来ている。

遂にmemento森を生まれ変わらせる覚悟を決める。

現在でもライブ等で頻繁に演奏している「eS」が最初に出来た時は、キャッチー且つロック色が強すぎて一度ボツになっている。
しかし変化を受けいれようと、もう一度スタジオで演奏してみる。
やはり、良い。
そこに今までのmemento森"らしさ"は無いかもしれない。
しかしこれはそんな固定概念でボツにはしたくない。
そんな気持ちでアレンジが固まっていった。

ここから、新たなmemento森の視界が一気に開けていく。


-------------------------------------------------------------------------------------

memento森3ヵ月連続企画開催!!

▼7/19(金) @神戸VARIT
memento森 pre.『NEVER 宴DING BEAT vol.9』

出演/
memento森
空きっ腹に酒

OPEN 19:00 / START 19:30
ADV ¥3000 / DOOR ¥3500 (+1D)
学割 ¥2000 (+1D)

チケットご予約はこちら

各種プレイガイドでも発売中!

チケットぴあ

ローソンチケット

e+イープラス


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Miya-z

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。