自分ファシリテーションでworkstyleを考える

何となくモヤモヤしている人と話す機会が続いた時期に、その人たち向けに現在の自分の価値をどう見つけるか?を整理した30分程度の資料です。

少人数およびクローズの勉強会や、カフェでiPadで見せながらの軽い感じで使っています。講演会などでは、資料を追加して60〜90分程度の内容になります。

:::::::

自分ファシリテーションでworkstyleを考える

価値とスキル

:::::::

自分で考える
自分ファシリテーション

:::::::

取り入れたい視点、その1「借り物競争の時代」

気になったら読んでみよう!

取り入れたい視点、その2「それで、あなたの商品は?」

本書は2000年のもの気になったら読んでみよう

取り入れたい視点、その3「フラット / リンク / シェア」

具体的な「働き方のヒント」が
気になったら本を読んでみよう

取り入れたい視点、その4「ステージを意識 / 加減乗除」

各ステージをもっと知りたかったら
本を読んでみよう

取り入れたい視点、その5「ブラン人になれ!」

本書は2000年のもの気になったら読んでみよう

:::::::

本題|自分ファシリテーション

2つの習慣

株式会社自分の広告

***

年の功か相談されることが多くなってきてます。退職した人や社外の人からの相談も多いですね。人前で喋るのは自分にとっても勉強になるので、何となく気になればお話しましょう。

***

Slideshareにもアップしてあります
自分ファシリテーションでworkstyleを考える

***

お薦めの本の一覧

ポスト平成のキャリア戦略 (NewsPicks Book)

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!

どこでも誰とでも働ける12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール

組織にいながら、自由に働く。 仕事の不安が「夢中」に変わる「加減乗除(+-×÷)の法則」


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

読んで頂きありがとうございます。
14

プロジェクトデザイナーの厳選ノート10

読んで欲しい10個のノートを選びました。定期的に入れ替えしています。たまに9個とか11個になっています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。