(十六)夢の中にはもう一つの幻想がある

雨があんまり長く降り続くので、海面が上昇してうちのベランダを越えてくる。波の上に透明な海百合がぽっこり顔を出していた。ガラス玉みたいで、あんまりきれいなのでiPhoneで写真を撮る。やがて水面は天井まで届く。

寝ていたら、玄関チャイムの音。居留守をしていたのに、がちゃがちゃと音がして扉が開く。またジロウが鍵をかけ忘れていったのだろうか。寝てるのに、寝ていてこんなに体が動かないのに、誰かが勝手に入ってきてしまうではないか。

ドアを開けたのはSだった。赤い自転車を持ってきている。ジロウのだ。

「ジロウさんの? 自転車? ほら、1階に置いておくと? 下のうちの窓のところに日が反射して? 赤ちゃんが熱くなっちゃって? 可哀想だから?」

Sのしゃべり口調は、全部語尾が上がるのでうっとうしい。ああ、ごめんなさい、ジロウにも言っておきますから、と自転車を受け取る。

明け方帰ってきたジロウに、「鍵はちゃんと閉めておいてよね」と言ってまた寝る。眠りはこちらの世界の目覚めなのだ。


※この物語はフィクションであり、実在する人物や団体、地名などとは関係ありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

はてなブログを(ほぼ)毎日更新しています。 http://mia.hateblo.jp/ ←こちらは日記と書評がメインです。

自由とは、他者から嫌われることである。(アルフレッド・アドラー)
3

野原 海明

夢の中にはもう一つの幻想がある

昨夜見た夢ただ連ねていく夢日記。最新のものは無料で読めます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。