カジュアル1on1:KazuyaNakahayra(なつお)さん

カジュアル1on1、7人目はKazuyaNakahara(なつお)さんです。
今回から手法を少し変えたのですが、うまくはまったように思いました。

概要

・場所
 - 都内某所のファミレス
・1on1相手
 - KazuyaNakahara(@KazuyaNakahara)さん ※以下なつおさん
 - フルスタックエンジニア目指して勉強中
 - 第一印象からめちゃめちゃいい人オーラが溢れてたのが印象的
・所要時間
 - 移動 : 5分
 - 食事しながら雑談 : 45分
 - 1on1 : 60分
 - 1on1後に雑談 : 40分

なつおさんからのフィードバック

・水殿と会って話したことのある回数
 初対面

・ご自分の仕事・趣味・人生などへ何かプラスになることはありましたか?
 (5段階評価:5が最高)
 5

・水殿の1on1コーチの技量をどう思いましたか?(5段階評価:5が最高)
 5

・本日の1on1全体の感想を教えてください
 自分が出来ること出来ない事を言語化し、それに対して直接的なアプローチでは無く、そこに辿り着く為の道筋を教えて戴けた。

・1on1の中で『ここがよかった』『今後も続けたほうがいい』と思ったことはありますか?
 客観的に率直な意見で、自分の様に「実は答えは自分の中にある」の様なパターンの人に対してのアプローチは、凄く有用でした。
 実例を具体的に出して戴けたり、将棋の例えは自分にはとてもわかりやすく「なるほど!」と腹落ちしました。
 名言を戴けたので毎回名言を生み出して戴ける事を期待します!

・1on1の中で『ここが気になった』『今後は控えたほうがいい』と思ったことはありますか?
 
これは完全に僕のミスでもあるんですが電車音がすごいなって思いました。笑

 声を張らないといけないor電車が通り過ぎるのを待つみたいな時があったのでそこは意外と重要な要素かな、と思いました。
 隣のテーブルの人に聞こえたらちょっと恥ずかしいなー、みたいな事も思いました。

 話については凄く落ち着いたテンポで話して戴けたので(良いところです)逆にこちらが話しすぎてしまうパターンがありました。

 気になったと言うかすみませんな部分になるんですが、話すタイミングとかが重複してしまい
 あっ、やば、被せちゃった。
 と感じるところがありました。
 全体を通して水殿さんに対してのネガティブな印象は全く無かったです。

(2019/04/30追記)
なつおさんが1on1の感想を書いてくれました!!めちゃくちゃ嬉しい!!!!

振り返り

◆店選びをもう少し考えたほうがよかった

・天気が良くなかったので駅に近い場所を選択してしまったので電車音がすごく、会話以外のことにも気を使わせてしまったのは良くなかったです。

・なつおさんが優しい人だったので今回は事なきを得ましたが、1on1相手によっては印象が悪くなってしまうと思うので音には気をつけようと思います。

◆やり方を変えてみた

・インターネット越しで見ていたなつおさんからはあまり想像しなかった相談内容でしたが、現状を乗り越えるためのヒントを交えながら掘り下げていったところ、自身で答えを持っていたことに気づいてもらえました。

・今までは会話の中で自分がこうだと思う方向に誘導して反応を見ながら本当に向かいたい道筋を探すというやり方をしていたのですが、前回のフィードバックで指摘されたように道を歩かせるのではなく、歩く道を見つけてもらうことを意識して同じ問いかけをアプローチを変えながら続けることでなつおさん自身で進むべき道筋を見つけてもらうことをずっと意識してみました。

・フィードバックで意識していた通りの言葉をいただけたので、成果としては良かったと思います。別の相手に同じやり方をして通用するとは限らないので、相手が1on1に求めることや自省スキルなどを会話の中から判断して的確なアプローチができるように今後もコミュニケーションスキルを磨いていきたいと思います。

1on1の型について

前回まではnitt-sanのいきなり1on1を見ながら「1on1は自省を促さないといけない」「コーチングであてティーチングではない」という意識がどこかにあって、問題解決したという結果を得たくてよくわからない方向に迷走していました。

そもそも僕が1on1を通じて相手に伝えたいこと、自分がどうなりたいかという原点をあらためて考えたら、そこはnitt-sanとは違う場所だったんだと気づいたことが今回の結果に繋がったんだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!
8

水殿

カジュアル1on1まとめ

カジュアル1on1を実践した振り返り記事をまとめています
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。