黙祷の一分間や蝉時雨

わたしの妻は被爆二世である。帰省ついでに、ときどき平和公園を訪れて鎮魂碑を巡る。 半世紀を経て美しい緑の楽園となった公園には、観光客や修学旅行生たちが屯している。 

当時の想像を絶する悲惨さは、原爆ドームや記念館の資料でしか計り知ることは出来ないけれど、決して忘れてはならないと思う。そして、後世の子供たちにも伝えて行かねばならないと・・・

猛暑の8月6日、今年も広島原爆記念の日がやってきた。 過ちは繰り返さないと、平和宣言のたびに誓いながら、なお核実験を繰り返す人間の愚かさ、弱さを思う。 

神はいつまで許されるのだろうか・・・

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

俳句とエッセイ

俳句のある生活は、生かされている喜びと感謝、明日への希望と勇気を与えてくれます。そのような日々をエッセイに綴りました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。