「好き」が尊いなら、「嫌い」も等しく尊いはずだ。

 この世は幾分、「好き」が多すぎる。『~~、すごい好き!』『めちゃくちゃ好きだなぁ、これ!』など。もちろんそれは尊いことであり、誰も嫌な気分にせず、むしろきっと幸せにしてくれる。ただ、最近、それに対して少しの疑問を感じている。

 なるべく「好き」に囲まれて生きていきたいと思う。好きなものを食べ、好きなものを飲み、好きな場所に住み、好きな服を着る。好きな人と一緒にいられる時間はかけがえのないものであり、できれば失いたくない。

 「好き」が多いのは至極良いことだが、近年、SNSを通じて『"好き" しか発せない雰囲気』が感じ取れるのである。同調圧力的な気概すら感じる。タイムラインは誰かの『好き』だらけ。僕はそれに嫌気がさす。正直、「うるせえよ」とすら思っている。「もっと嫌いなもの、あんだろ」と思っている。

 なるべく好きなことだけを発信しよう、という姿勢が横行。好きなことしか言えなくなってしまった。こんな世の中では、「嫌い」の感情はひっそり押し殺し、自分の中にとどめてしまうよりほか無い。内側に潜ませ、重い蓋をし、なるべくそれを外に出さないよう鍵をかけてしまうこと。非常にもったいない。言論の自由がゆるやかに殺されていくのを観ているみたいだ。

 ただ単純に「嫌い!とりあえず無理!」とハンコを押しただけの「嫌い」は、まったく尊いなんて思わない。そんなものはただのヘイトスピーチであり、阻害・弾圧されて然るべきだと思う。それを自由の範疇だとは思わない。が、ふさわしくもっともな理由を伴った「嫌い」については、「好き」同様に尊いものだとされるべきだ。ちゃんとした理由があるんだから。そして同時に、「その "嫌い" を発すること」も認められるべきだ。尊く思われるべきだ。仮説があり、それを実証し、確信し、自らの信条として掲げた「嫌い」は、正当な評価を得られるべきなのだ。

 それに対しても、『"嫌い" は全部ダメだよな!』なんて、もっとも正義らしく雄弁なフリをし胸を張って否定するのは、絶対に間違っている。『"嫌い" は全部ダメ! "好き" だけが正義!』なんて、言ってしまえばヘイトスピーチと何も変わらないじゃないか。

 その「嫌い」に胸を張るべきだ。もっともっと、好きなものも嫌いなものも、何でも言ってしまうべきだ。そこに自らが考えるもっともらしい理由・根拠・背景があるなら。もっと自由に、言いたいことを言うべきだ。ひいては、もっともっと考えて、それがポジティブであれネガティブであれ、自分の信条を持とうとすべきだ。これからは、自らのあり方をほんの少し考え直してみようと思う。「好き」が尊いなら、「嫌い」も等しく尊いはずだ。間違いなく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたお金で、酒と本を買いに行きます。ありがとうございます。

ありがとうございます。頑張って書いた甲斐がありました。
111

三浦 希

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

時代の風潮によって外で出会う「好き」な物事は、なんだかそういうものだと思って簡単に好きと言ってしまいやすい。けど「嫌い」なものの嫌いな理由って自分の内側にあるものだから、掘り下げることで自分自身への理解が深まるし、そうしてみるのはいい行動だと思います。
@SAKImoLINO ご感想、ありがとうございます。僕もまったくそう思います。「"嫌い" が人をつくる」なんて言うと格好付けすぎていますが、きっとそうなんだろうなぁと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。