Miyakawa Kota

株式会社ウィルフォワードスポーツビジネス戦略室。筑波大学体育専門学群卒/元高校教師/e-Athletesトレーニングコーチ/柔道整復師/日本陸連A級トレーナー。高校生から市民ランナーへの指導&治療経験を生かし、新しいスポーツビジネスを展開すべく活動中。

個人と集団の関係性から考えるチームビルディング〜大学生㊶〜

大学4年生の夏の思い出をもう一つ。

掘り起こせば一つどころかいくつもあるのですが、そんなことをしてたら話が一向に進まないのでもう一つだけご紹介。今回は最後の夏に考えていたことを今の自分の立場で分析してみました。ちょっと小難しい?理屈っぽい?お話です。脱落せずに読んでもらえたら嬉しいです(苦笑)

■個人と集団のウラハラな関係

よく、陸上競技は個人スポーツと言われますが、自分だけで完結するかと言

もっとみる
拙い文章ながら、これからも色々なことを文字化していきます!
13

最後の夏の過ごし方〜大学生㊵〜

ゴールデンウイークが近づいてきました。今年は夢の10連休ということで世間は色めきだっていますが、5月の半ばごろになると暑い日が増えてくるので、この時期を境にトレーニングがキツくなるイメージがあります。走りやすくて気持ちいい時期は短いですよね。

4年生の春シーズンは怪我に泣かされた時期でもあったので、夏にかける想いは特別でした。ただ、走るだけに没頭できた時期でもなくて、結果的に色んなことを考えて過

もっとみる

ランナーを支えるシューズの話〜大学生㊴〜

ランニングシューズのマーケットがザワつきだしたのは2017年5月ごろからでしょうか。それまでトップアスリートが履くレースシューズといえば、アシックスやミズノ、そしてアディダスといったメーカーが主流でしたが、その流れを大きく変えたのがナイキでした。”厚底シューズ”の登場です。今や箱根駅伝の常連校では多くの選手がナイキのシューズを使用し、マラソン中継を見れば、同じようなシューズを履いた選手が並んで先頭

もっとみる

疲労骨折と父のことば〜大学生㊳〜

箱根駅伝のエピソードでよくフォーカスされる鉄板コンテンツが「4年生にまつわるエピソード」。箱根駅伝にかけてきた時間が作り出す人間臭さは下級生には真似できないものがあるので、陸上をやっていなかった人でも共感したり、感動したりして心揺さぶられるエピソードがたくさんあります。僕も毎回涙ぐまずに見ることはできません。こういう時に、立場が「関係者」からすっかり「箱根駅伝ファン」になってしまったなと感じます(

もっとみる

4年生としての自覚と変化〜大学生㊲〜

ここまでガッツリ陸上競技のことを書いておきながら、小さいころは大学4年間を箱根駅伝のために捧げるなんて、夢にも思っていませんでした。普通の小学生でしたし、中学生になった当初は部活動の意味があまりよくわかっていませんでした。陸上部に入ったのも強いモチベーションがあったわけではなく、部活動の雰囲気が気に入って入ったというような感じでしたからね。

当時、「体育会系」と聞くと非常に野蛮な世界だと思ってい

もっとみる

最後の学年にかける想い〜大学生㊱〜

前回の更新からすっかり時間が経ってしまいました。

箱根駅伝にまつわるいろいろなお話は自分のなかでとても核になるものなので文字化するのにとてもパワーを使いました。すっかりエネルギー切れ(笑)

「箱根駅伝my物語」はほぼ失敗談です。うまくいかなかったお話ばかり。ただ、成功談だけが意味あるお話か?と問われればそうじゃないと思っていて、うまくいかなかったこと、失敗したことも自分のなかでどう解釈していく

もっとみる