なまこ

それでも明日を、少しだけ信じてみる。

#飲み放題は禁止してくれ

年末年始。

毎年の如く、アルコールに溺れる人々。
嫌という程見せつけられて、あなたは何を想う。

こんなの、いつまで見続ければいいのだろう。

2019年は、
もっと未来で、
もっと成熟した、
もっと明るい社会だと思っていた。

飲み放題、やめませんか。

忘年会・新年会と称した時ほど。

一向に減らないアルハラを助長し、
悲惨な事件・事故リスクは高まり、
よく呑む人ほど翌朝後悔するん

もっとみる
素直にスキだと言えるあなたは、あまりにも眩しい。
46

メッセージ性のない6月が好き。

4月。出逢いと別れ。
5月。ゴールデンウィーク。

6月。
春でも夏でもない。
祝日もなければ、イベントもない。

7月8月のような夏休みでもない。

陽のささないどんよりとした朝。
しとしと降り続ける雨。
ただ濡れゆくなんでもないアスファルト。

いつにも増してぼんやり佇む隣の犬。
無機質なビニール傘の群れ。
活気のない教室。

どこにも出かけない。
これといった楽しみもない

もっとみる

神様なんていない。でも絶望ではない。

あれもこれも、運命なんだ。
いいことも、悪いことも。

そういう運命論者を、私は何人も知っている。
でも、その考えに救いを求めたことはない。

運命だと思って何かを受け止める。
そんな器用なこと、私にはできない。

我がことのように喜んだあの人の夢。
晩ご飯一つで罵声の嵐の2時間。
悔し涙を流しながら飲んだカクテル。
祭りの後の無気力な朝。

あれもこれも全部運命だとして、どうして救われようか。

もっとみる

あなたと私じゃ、価値観が違うでしょ。

価値観が合わなくてぶつかる時。
相手は、とても身近な人であることが多い。

恋人だったり
親友だったり
母親だったり
上司だったり

むしろ全く知らないブラジル人に会ったとして。
その時私は、価値観の違いなど、カンタンに受け入れるんだろう。

価値観が合わない。

それはつまり
(似た環境にいて似た価値観を持っているはずなのに)少しの違和感を感じる。
ということ。

誰かと価値

もっとみる

もう嫌だ。そう言って良いんだよ。

四月ももう終盤。
新生活にもやっと慣れだした。

彼は珍しく、弱気な一言を言った。
こんな生活に、憧れてたんだったかな…。

理想と現実のギャップは、わかってる。
薔薇色の人生なんてあるわけがない。

良いことがあれば、やなこともある。
時にはやりたくないことも、やらなければならない。
そんなことはわかっているけど。

けど、の後に続きはない。

みんなそんなもんでしょ。
あなたも、私も。

もっとみる